愛知工業大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

愛知工業大学硬式野球部(あいちこうぎょうだいがくこうしきやきゅうぶ)は、愛知大学野球連盟に所属する大学野球チーム。選手は愛知工業大学の学生によって構成されている。

歴史[編集]

1965年創部、愛知大学野球連盟に加盟。3部リーグから始まり、1966年春季リーグに優勝して2部に、秋季リーグに優勝して1部に昇格。1971年、愛知大学リーグ1部にて初優勝、第2回明治神宮野球大会に初出場。1973年から1974年にかけて3季連続優勝を果たす。1974年、全日本大学野球選手権大会に初出場。1977年、全日本大学野球選手権大会ベスト4進出。エース西崎幸広の活躍により、1985年の第16回明治神宮野球大会にて準優勝、1986年の第17回明治神宮野球大会にて優勝。

2008年春に名城大学に入れ替え戦で敗れて2部に降格してからはたびたび1部と2部を往復するようになり、2012年春からは2部に甘んじていたが、改革のために2017年より、かつての明治神宮野球大会優勝メンバーでありプロのロッテ・オリオンズでも活躍した平井光親を監督に迎えると、2018年秋に愛知大学に入れ替え戦で勝利して1部に復帰。翌2019年春に1部昇格即優勝を果たした。

練習場[編集]

  • 愛知県豊田市八草町八千草(室内練習場、夜間照明完備の専用グラウンド)

記録[編集]

主な出身者[編集]

関連項目[編集]