愛知池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東郷ダム
愛知池
左岸所在地 愛知県愛知郡東郷町大字諸輪
右岸所在地 愛知県日進市米野木町字南山[要出典]
位置
河川 境川水系前川
ダム湖 愛知池(東郷調整池)
ダム諸元
ダム型式 傾斜遮水壁型アースダム
堤高 31.0 m
堤頂長 975.0 m
堤体積 104万
流域面積 2.3 km²
湛水面積 97.0 ha
総貯水容量 900万 m³
有効貯水容量 860万 m³
利用目的 かんがい上水道工業用水
事業主体 水資源機構
電気事業者 水資源機構
発電所名
(認可出力)
東郷発電所 (1000kW)
施工業者 鹿島建設
着手年/竣工年 1959年/1961年
出典 『ダム便覧』東郷調整池 [1]
テンプレートを表示
愛知池周辺の空中写真。1987年撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
愛知池の位置
愛知池の位置(愛知県内)
愛知池
愛知池の位置(愛知県)

愛知池(あいちいけ)は、愛知県日進市東郷町みよし市にまたがる、二級河川境川水系前川に建設された愛知用水調整池で、正式名称は東郷調整池である。

概要[編集]

東郷調整池(通称:愛知池)は、愛知用水の水路水を管理するために造成された人造湖で、愛知用水の幹線水路(本流:全長約112km)の中間点に位置する。本池は、独立行政法人水資源機構が管理する東郷ダム(とうごうダム)のダム湖である。味噌川ダム(木曽川)・牧尾ダム(王滝川)・阿木川ダム阿木川)から放流された木曽川の水を岐阜県八百津町愛知用水取水口で取水後、愛知用水幹線水路を流水し本池にて流入する。また別水系水として、矢作川岩倉取水口(愛知県豊田市)から矢作連絡導水路を流水し本池に工業用水が流入している。本池で貯水した水は、本池の愛知用水取水口を経由して愛知用水幹線水路の下流(東郷発電所経由ルートもある)に再送水する。ダム緒元は、堤高31m、堤頂長975m、堤体積1,040千m3で、有効貯水量は9,000千m3アースダム(傾斜遮水ゾーン型フィルダム)。 愛知用水の水は、農業用水として岐阜県愛知県の27市町の1万5000haの農地、水道用水として愛知県の11市町の家庭約83万人、工業用水として岐阜県可児市名古屋市南部及び名古屋南部臨海工業地帯などの9市町の約80社の工場で使用されている。本池の湖面は全国有数の漕艇競技場として、池の周辺道路(1周:約7.4km)は、ウォーキングなどに利用されている[1][2]

愛知池漕艇場[編集]

愛知池は、平成6年(1994年)の第49回国民体育大会わかしゃち国体)、平成30年度全国高等学校総合体育大会(全国高校総体)等でのボート競技会場として使用され、現在も愛知県ボート協会が管理する漕艇コース(1000m・7レーン)が設定されており、トヨタ紡織ボート部、デンソーボート部等が艇庫を構え練習場所としている。本池隣接地に愛知県東郷町がトーゴーボートハウス/総合監視所を設置しており、ナックル艇の貸出しサービス(要予約)がある。東郷町町民レガッタ大会の定期開催会場でもある[3][4][5]

周辺の施設など[編集]

アクセス[編集]

その他[編集]

  • 愛知池に架かる橋梁は、名鉄豊田線の愛知池橋梁(全長256m)がある。
  • 東名高速道路の東郷パーキングエリアは、この池の正式名称である東郷調整池に由来する[6]

脚注[編集]

  1. ^ 水資源機構 愛知用水総合管理所 (愛知用水とは)”. 水資源機構愛知用水総合管理所. 2020年8月22日閲覧。
  2. ^ 愛知用水水道事務所概要 - 愛知県”. 愛知県. 2020年8月22日閲覧。
  3. ^ 東郷町/レガッタってなに?”. 東郷町. 2020年8月22日閲覧。
  4. ^ 愛知漕艇場”. 愛知県ボート協会. 2020年8月22日閲覧。
  5. ^ 東郷町/トーゴ―ボートハウス”. 東郷町. 2020年8月22日閲覧。
  6. ^ 東名高速道路自体は、東郷町を通っていない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 水資源開発公団『水資源開発公団30年史』発行年:1996年