愛知淑徳中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛知淑徳中学校・高等学校
Aichi Shukutoku Junior & Senior High School.JPG
過去の名称 愛知淑徳女学校
愛知淑徳高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人愛知淑徳学園
設立年月日 1905年4月15日
創立記念日 5月17日
創立者 小林清作
共学・別学 女子校
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 23502E
所在地 464-8671
愛知県名古屋市千種区桜が丘23番地
北緯35度9分59.7秒東経136度59分16.7秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛知淑徳中学校・高等学校(あいちしゅくとくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県名古屋市千種区桜が丘にある私立中学校高等学校

なお、運営母体である「学校法人愛知淑徳学園」は、淑徳SC中等部・高等部(旧:淑徳学園中学校・高等学校。東京都文京区)を運営する「学校法人淑徳学園」とも、淑徳大学(千葉県千葉市)や淑徳中学校・高等学校(東京都板橋区)などを運営する「学校法人大乗淑徳学園」とも別法人である。

概要[編集]

明治時代、女子教育の普及・向上をはかって設立された背景を持つ。創立以来「10年、20年先に役立つ人材の育成」を掲げて教育活動を行っている。

近年まで高校の生徒募集も行っていたが、完全中高一貫化に伴い、現在高校に入る手段は編入のみとなった。

沿革[編集]

  • 1905年明治38年) - 名古屋市中区西新町に、愛知淑徳女学校が設立。
  • 1906年(明治39年) - 愛知淑徳高等女学校として認可。愛知県の私学で最初の高等女学校となる。
  • 1947年昭和22年) - 学制改革により、新制の愛知淑徳中学校を設置。
  • 1948年(昭和23年) - 新制の愛知淑徳高等学校を置く。
  • 1959年(昭和34年) - 現校地に移転。跡地は名古屋市営地下鉄池下車庫となったのち、愛知厚生年金会館としても使用された。
  • 2006年平成18年) - 完全中高一貫化を開始。
  • 2009年(平成21年) - 完全中高一貫化により、高校からの生徒募集が停止される。

主な出身者[編集]

実業家[編集]

芸術[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]