愛知県立岡崎工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛知県立岡崎工業高等学校
愛知県立岡崎工業高等学校
過去の名称 私立愛知工芸学校
私立岡崎工業学校
愛知県岡崎工業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
学区 専門学科 Bグループ(複合選抜
(定時制) 全県学区
校訓 誠実 勤勉 健康 実力主義
設立年月日 1911年(明治45年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 (全日制)
化学工業科
機械科
情報技術科
機械デザイン科
電気科
土木科
(定時制)
機械科
高校コード 23192E
所在地 444-8555

北緯34度55分33秒 東経137度10分18秒 / 北緯34.92583度 東経137.17167度 / 34.92583; 137.17167座標: 北緯34度55分33秒 東経137度10分18秒 / 北緯34.92583度 東経137.17167度 / 34.92583; 137.17167
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛知県立岡崎工業高等学校(あいちけんりつおかざきこうぎょうこうとうがっこう、Aichi Prefectural Okazaki Technical High School)は、愛知県岡崎市にある公立の工業高等学校

沿革[編集]

  • 1912年2月 - 私立愛知工芸学校として知立町に創立。
  • 1924年11月 - 現在地に移転、私立岡崎工業学校と改称。
  • 1938年3月 - 県に移管、愛知県岡崎工業学校と改称。
  • 1945年7月 - 戦災のため校舎を焼失。
  • 1948年4月 - 学制改革により愛知県立岡崎工業高等学校と改称、全日制(工業化学科、紡織科、機械科、土木科)、定時制(工業化学科、機械科)。
  • 1958年4月 - 電気科設置。
  • 1973年4月 - 紡織科を繊維工学科と改称。
  • 1974年3月 - 硬式野球部甲子園に出場(第46回選抜高等学校野球大会)。
  • 1976年3月 - 硬式野球部甲子園に出場(第48回選抜高等学校野球大会)。
  • 1979年8月 - バレー部インターハイに出場。
  • 1981年3月 - バレー部選抜全国大会に出場。
  • 1982年11月 - 創立70周年記念式典挙行。
  • 1985年4月 - 情報技術科設置、繊維工学科1学級減。
  • 1989年8月 - 弓道部全国大会に出場。
  • 1990年8月 - バレー部インターハイに出場。
  • 1992年4月 - 工業化学科を化学工業科と改称。
  • 1992年11月 - 創立80周年記念式典挙行。
  • 1995年4月 - テキスタイルデザイン科設立(繊維工学科、募集停止)。
  • 2002年11月 - 創立90周年記念式典挙行。
  • 2005年8月 - 第5回高校生ものづくりコンテスト全国大会電気系電子回路組立部門で優勝(厚生労働大臣賞)。
  • 2005年8月 - 第1回若年者ものづくり競技大会電子回路組立、機械製図(CAD)の2職種で第1位(厚生労働大臣賞)。
  • 2005年12月 - 全国最多の2級旋盤技能士10名合格。
  • 2007年4月 - テキスタイルデザイン科を機械デザイン科に学科改編。
  • 2010年8月 - 第5回若年者ものづくり競技大会ロボットソフト組込み職種で第1位及び第3位。
  • 2012年11月 - 創立100周年記念式典挙行。

教育目標[編集]

心身ともに健康で困難に耐え、工業人として必要な知識と技術及び望ましい態度と習慣を身につけ、勤労と責任を重んずる心ゆたかな人間を育成する。

校章[編集]

  • 創立当時は、星のマークを形どり中央に「工」の文字を入れたもの。星の五角は五常「仁・義・礼・智・信」を意味している。
  • 五常とは人と人との関わりのとき、守らなければならない人のみちを教えたもの。
  • 1924年に岡崎のこの地に移転したとき、この地を「桜ヶ丘」と命名し、校章に桜の花がつけ加えられた。その後、「工」に「高」の文字を更に挿入し、現在に至る。

学科[編集]

  • 化学工業科
化学工業科は、基礎・基本を重視し、新時代に備えて協調性のある創造性豊かな中堅技術者を育成している。
  • 機械デザイン科
機械デザイン科ではアイデアと創造性豊かな、新製品が開発できる人材の育成を目指している。
この学科は全国で初めて工業高校に設置された。
  • 機械科
機械科では、このような産業界で研究・試作及びメンテナンス(保守・保全)ができるようにハイテク機械技術の基礎・基本を学習し、実力と実践的態度を身につけ明るい未来を担う技術者の育成をしている。
  • 土木科
土木科では先端技術の基礎・基本の習得と同時に、実習を重視した実践的な技術を身につけさせ、実社会で夢の持てる土木技術者の育成をしている。
  • 電気科
電気科では電気そのものを取り扱う技術、電気設備を維持管理するのに必要な計測、制御、通信、情報などを学び、産業社会でなくてはならない電気技術者を育成している。
  • 情報技術科
情報技術科ではコンピュータの基礎知識から電子回路の設計や工作及び制御やプログラミングまでを実習を通して学習し社会で実践できる実力を養成している。

校歌・応援歌[編集]

  • 岡崎工業高等学校校歌
※卒業式、始業式、終業式で歌われる。
  • 岡崎工業高等学校応援歌
※応援歌は歌われる機会は殆どない。

学校行事[編集]

  • 4月 入学式
  • 5月 修学旅行(2年)球技大会(ソフトボール、ソフトバレーボール、卓球)
  • 9月 体育大会
  • 11月 文化祭(岡工祭)
  • 2月 予餞会
  • 3月 卒業式
学校行事は他の学校に比べ少ない
学期末には生徒会主催のボランティアゴミ拾い活動を行なっている。(学校周辺の地域のゴミを拾うという活動)

部活動[編集]

  • 運動部
弓道部、テニス部、剣道部、柔道
水泳部、硬式野球部、バレーボール部、陸上
サッカー部、卓球部、ソフトテニス
ハンドボール部、バスケットボール
  • 文化部
美術部、写真部、天文科学部
放送部、囲碁部、化学技術
機械生産部、土木部、電気生産部、電算機
イラストレーション部、テキスタイルデザイン

部活動は活発で、硬式野球部は甲子園大会に2回、1988年に弓道部が全国大会、1990年にバレーボール部が全国大会に出場。近年もバレーボール部と弓道部は東海大会へ出場している。

主な卒業生[編集]

最寄駅[編集]

関連項目[編集]