愛知県道223号笠寺星崎線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
愛知県道223号標識
愛知県道223号笠寺星崎線
制定年 1959年
起点 名古屋市南区笠寺町
終点 名古屋市南区星崎
接続する
主な道路
(記法)
記事参照
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
南区笠寺町(2016年6月)

愛知県道223号笠寺星崎線(あいちけんどう223ごう かさでらほしざきせん)は、愛知県名古屋市南区笠寺町から同区星崎に至る一般県道である。

概要[編集]

全線に亘って幅員が狭く、特に終点付近の名南工高西交差点と星崎2丁目交差点間は、北に向かう一方通行区間となっている。なお、起点から名鉄本星崎駅の北側まで大江川に沿っている。

この道路はかつての常滑街道(知多街道)にあたり、明治時代に現在の国道247号千鳥橋ができる以前は、名古屋から知多半島への近道の一部となっていた。

路線データ[編集]

愛知県法規集[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1959年昭和34年)12月15日
    愛知県が県道笠寺本星崎線[要出典]として認定[1]。その後、現在の笠寺星崎線に改称。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 県道路線認定に関する告示(昭和58年3月23日愛知県告示第301号)”. 愛知県法規集. 愛知県. 2013年3月10日閲覧。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]