愛知県道30号関田名古屋線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
愛知県道30号標識
宮前橋の南から砂田橋交差点方向
画像右上は名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線ゆとりーとライン
(名古屋市東区砂田橋二丁目)

愛知県道30号関田名古屋線(あいちけんどう30ごう せきだなごやせん)は、愛知県春日井市から名古屋市に至る主要地方道である[1]

概要[編集]

愛知県道30号関田名古屋線は、名古屋市内においては市街地東部を縦断する基幹路線の1つとして機能している。また、通過する地区ごとに複数の通称を持つ。

なお、春日井市内における経路は当初は八事町経由であったが、2013年現在は同区間については愛知県道25号春日井一宮線となっており、関田名古屋線の経路は林島町経由となっている。

路線データ[編集]

  • 起点:愛知県春日井市関田町(関田町交差点)
  • 終点:愛知県名古屋市瑞穂区彌富通(弥富通3交差点)

沿革[編集]

別名[編集]

  • 竜泉寺街道(名古屋市守山区)
  • 松川橋線(名古屋市守山区)
  • 天満通(名古屋市守山区、東区、千種区)
  • 姫池通(名古屋市千種区)
  • 田代通(名古屋市千種区)
  • 川原通(名古屋市千種区、昭和区)
  • 檀渓通(名古屋市昭和区、瑞穂区)
  • 田辺通(名古屋市瑞穂区)

地理[編集]

春日井市から南西に向かって進み、松川橋で庄内川を渡り名古屋市に入る。さらに宮前橋で矢田川を渡り、ナゴヤドームの東側地域を通過する。途中、松川橋南交差点 - 砂田橋交差点間では、名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線ゆとりーとライン)が高架で関田名古屋線上を走行する(宮前橋周辺など一部例外あり)。以降はほぼ南方向に進行し、瑞穂区終点に至る。

通過する自治体[編集]

接続・交差する道路[編集]

沿線周辺[編集]

春日井市
  • 内津川緑地
  • 松川橋(庄内川) 春日井市 - 名古屋市境
守山区
東区
千種区
昭和区
瑞穂区

その他[編集]

ラジオの道路交通情報では永らく「せきなごやせん」と発音されてきたが、2009年平成21年)4月から正規の発音に改められた。一方で道路を管理する愛知県においては「せきたなごやせん」の表記もみられる[1]

注釈[編集]

  1. ^ a b 愛知県尾張建設事務所 管理路線一覧”. 尾張建設事務所維持管理課管理第一グループ. 愛知県 (2011年7月15日). 2017年2月4日閲覧。

関連項目[編集]