愛知県道336号蘭鍛埜線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
愛知県道336号標識
終点・鍛埜町の土(ど)。須佐之男神社の近く。作手街道に接する。
JAあいち三河形埜支店下山店(道路左)、りんぽ館(道路右)[1]

愛知県道336号蘭鍛埜線(あいちけんどう336ごう あららぎかじのせん)は、愛知県豊田市から愛知県岡崎市に至る一般県道である。

概要[編集]

豊田市の旧東加茂郡下山村域南部から岡崎市の旧額田町域北部に至る道路である。

途中、1956年昭和31年)9月30まで額田郡下山村であった地区を通る。

そのため、岡崎市保久(ほっきゅう)町内の沿線には名称に「下山」の付いた施設が存在する。

路線データ[編集]

沿革[編集]

  • 1959年12月15日 一般県道東蘭鍛埜線として認定
  • 2007年4月1日 一般県道蘭鍛埜線に改称

通過する自治体[編集]

接続する道路[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]