愛知県道495号宿谷川線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
愛知県道495号標識
終点方面。画像は日本車輌製造豊川製作所の引込線を潜った付近。

愛知県道495号宿谷川線(あいちけんどう495ごう しゅくやがわせん)は、愛知県豊川市宿町から豊川市谷川町に至る、全長約5.8kmの県道である。

概要[編集]

JR飯田線に沿うように走る道路である。国道1号から分かれて、豊川市の中心部の外側を通り、国道151号に至る。豊川市牛久保町から新豊町までの区間は旧伊那街道であり、国道151号の最も初期における豊川市内の経路であった。

路線データ[編集]

  • 起点:愛知県豊川市宿町(小坂井交差点)
  • 終点:愛知県豊川市谷川町(東名町1丁目交差点)
  • 全長:約5.8km

沿革[編集]

  • 1995年3月31日 それまでの一般県道495号麻生田牛久保線を区間変更して認定
  • 2011年4月1日 小坂井谷川線から宿谷川線に名称変更

別名[編集]

  • 常盤通(豊川市牛久保町の区間)
  • 稲荷通(豊川市豊川稲荷付近の区間)

地理[編集]

起点付近の道路は、飯田線沿いの旧道が国道1号と立体交差になっていたため、改めて国道1号に接続すべく後年新設されたものである。起点から暫く走った後、豊川市篠束町と下長山町との境界に近い信号の無い交差点でJR飯田線沿いの旧道に合流する。続く堺交差点では国道151号と八幡・白鳥地区を結ぶ市道と交差する。牛久保の交差点を過ぎると、家具店が多い事で有名な牛久保商店街へ入る。この辺りは常盤通りと呼ばれる。商店街を抜けると左に折れ、豊川稲荷の方へと進む。豊川稲荷の門前を通り、東部中学校の手前で右折、暫く行ってまた左に曲がり北進する。日本車輌製造専用線のガードを潜って新豊町交差点を右折、飯田線の踏切を渡り勾配を下ると、終点の国道151号交点である。

通過する自治体[編集]

  • 愛知県
    • 豊川市

沿線[編集]

接続する道路[編集]

関連項目[編集]