愛知県道51号知立東浦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
愛知県道51号標識
東浦町(終点側から)。イオンモール東浦の付近。
刈谷跨線橋。JR東海道本線を立体交差するため1959年10月に竣工した(詳細は刈谷駅を参照)。

愛知県道51号知立東浦線(あいちけんどう51ごう ちりゅうひがしうらせん)は、愛知県知立市から刈谷市中心市街地を通り知多郡東浦町緒川の国道366号交点に至る主要地方道である。

沿線には主要金融機関の刈谷支店、商工会議所刈谷市役所、また刈谷駅および刈谷市駅の刈谷の2つの主要駅、豊田自動織機デンソー豊田紡織アイシン精機ジェイテクト愛知製鋼等トヨタグループ所要企業の本社、工場等々が立地する。また万燈祭りや刈谷総踊りなど夏祭りが開催される。刈谷の中心市街地では広小路通りと通称され刈谷のメインストリートと認識されている。

沿革[編集]

通過する自治体[編集]

接続する道路[編集]

沿線[編集]

別名[編集]

  • 刈谷街道(知立市、刈谷市)
  • 広小路通り(刈谷市)

関連項目[編集]