愛知県道55号名古屋半田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:(できれば)画像内に県道標識を写し込んだ写真の画像提供をお願いします。2011年2月
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
愛知県道55号標識

愛知県道55号名古屋半田線(あいちけんどう55ごう なごやはんだせん)は、愛知県名古屋市を起点とし、東海市知多市阿久比町を通って半田市に至る県道である。ほぼ全線にわたって名鉄常滑線河和線と並走する。

概要[編集]

起点から南区港東通交差点までは国道247号と重複。港東通交差点にて分岐し、一方は北頭交差点にて国道23号と合流し大高ICにて知多半島道路へ、もう一方は大江町交差点、新宝町交差点、名和北交差点を通る。

以前は東海市名和町東垣内交差点にて旧道とバイパスが分岐していた。しかし、バイパス開通により、2011年4月1日に国道155号との交点(内堀南交差点)までの旧道は県道から除外され、東海市後田から富木島町伏見4丁目までの市道が県道に編入され、白拍子橋東交差点にて現道とパイパスが分岐する形となった。愛知県道55号名古屋半田線のバイパスとして供用されているのは東海市加木屋町までと阿久比町の一部区間である。

内堀南交差点からは道なりに進み、阿久比町椋岡にて愛知県道264号阿久比半田線と分岐。阿久比川左岸を通り、半田橋を渡り、住吉町五丁目交差点にて国道247号と合流する。

路線データ[編集]

  • 起点:名古屋市熱田区(熱田神宮南交差点)
  • 終点:愛知県半田市(住吉町5丁目交差点)

沿革[編集]

接続道路[編集]

通過する自治体[編集]

別名[編集]

  • 南陽通(名古屋市港区)
  • 環状線(名古屋市南区、港区)
  • 半田街道(東海市、阿久比町、半田市、武豊町)

関連項目[編集]