愛知県道58号名古屋豊田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
愛知県道58号標識
愛知県道58号名古屋豊田線
制定年 1959年
起点 名古屋市
主な
経由都市
日進市
終点 豊田市
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
豊田市側(終点側)。矢作川に架かる平戸橋の西側。

愛知県道58号名古屋豊田線(あいちけんどう58ごう なごやとよたせん)は、愛知県名古屋市天白区と同県豊田市を結ぶ愛知県の主要地方道である。

概要[編集]

塩の道として知られた、かつての飯田街道にあたる道路である。中央自動車道開通以前は、名古屋飯田を結ぶ長距離バスはここを通っていた。起点の平針西口交差点から日進市の赤池交差点までは、国道153号の旧道である。

路線データ[編集]

沿革[編集]

  • 1959年12月15日 認定
  • 2020年令和2年)3月31日 - 国道153号の路線変更に伴い、県道名古屋豊田線の終点が平戸橋西交差点から平戸大橋西交差点に変更される。(路線延長 約0.35km)[1]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

交差する道路[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

周辺[編集]

名古屋市天白区[編集]

日進市[編集]

豊田市[編集]

別名[編集]

  • 飯田街道(名古屋市天白区、日進市、豊田市)
  • 三州街道(名古屋市天白区、日進市、豊田市)
  • 旧国道153号(名古屋市天白区、日進市、豊田市)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 県道の路線の決定(令和2年3月31日愛知県告示第154号) (PDF) 」 『愛知県公報』第92別冊4号、2020年3月31日、 7頁、2020年5月3日閲覧。

関連項目[編集]