愛知第一師範学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

愛知第一師範学校 (あいちだいいちしはんがっこう) は、1943年昭和18年)に愛知県名古屋市に設置された官立(国立)の師範学校である。

本項は愛知県師範学校愛知県女子師範学校などの前身諸校を含めて記述する。

概要[編集]

  • 1874年明治7年)に創設された愛知県養成学校を起源とする。
  • 1943年(昭和18年)愛知県師範学校愛知県女子師範学校が統合の上、官立(国立)への移管により設置され、男子部・女子部が置かれた。
  • 戦後の1949年(昭和24年)学制改革で新制愛知学芸大学学芸学部 (現・愛知教育大学教育学部) の母体の一つとなった。

沿革[編集]

官立・県立並設期 (1874年 - 1877年)[編集]

官立(国立)
  • 1874年明治7年)2月19日 - 「官立愛知師範学校」が設置される。日本全国 7大学区に設置された官立師範学校の一つ(第二大学区)。
  • 1877年(明治10年)2月19日 - 国の財政悪化により、官立愛知師範学校が廃止される。建物・備品は愛知県に移管。
県立
上記の旧・官立愛知師範学校とは別個に、愛知県が小学校教員養成のために設置したものである。

県立単独期 (1877年 - 1943年)[編集]

  • この年、東芳野町に新校舎が完成し、移転を完了。
  • 1912年(明治45年)4月 - 女子部が分離し、愛知県第二師範学校女子部と統合の上、「愛知県女子師範学校」として独立。
    • 女子師範学校の独立に伴い、榎尋常高等小学校(現・名古屋市立榎小学校)を愛知県女子師範学校の代用附属小学校とする。
(「愛知県第一師範学校」(男子校)・「愛知県第二師範学校」(男子校)・「愛知県女子師範学校」の3校体制。)
  • 1923年(大正12年)4月 - 女子師範学校の附属小学校が押切町に設置される(榎尋常高等小学校の代用附属小学校を解除)。
  • 1925年(大正14年)4月 - 女子師範学校の附属幼稚園が押切町に設置される。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、附属小学校を附属国民学校に改称。

官立単独期 (1943年 - 1951年)[編集]

  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 愛知県第一師範学校と愛知県女子師範学校が統合され、(官立)「愛知第一師範学校」(男子部・女子部)を設置。
    • 本科 (3年制、中等学校卒対象)・予科 (3年制、高等小学校卒対象) を設置。
(「愛知第一師範学校」・「愛知第二師範学校」の2校体制)
  • 1947年(昭和22年)4月 - 男子部・女子部それぞれに附属中学校 (新制) を開設。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 新制「愛知学芸大学学芸学部」が発足。
    • 愛知第一師範学校は愛知学芸大学に包括され、在籍生徒が卒業するまで存続されることとなる。師範学校としての生徒募集は停止される。
    • この時の入学生は愛知学芸大学の第1回生となる。
    • 愛知学芸大学名古屋分校が設置される。
  • 1951年(昭和26年)

歴代校長[編集]

愛知県師範学校(前身諸校を含む)
  • 大窪実:1886年12月24日[1] -
  • 三浦渡世平:不詳 - 1917年7月6日
  • 中村豊吉:1917年7月6日 -
愛知県女子師範学校
  • 郷野基厚:1912年2月22日 - 1915年4月27日
  • 山松鶴吉:1915年4月27日 -
  • 伊東武:1921年4月20日[2] -
愛知第一師範学校
  • 坂井喚三:1943年4月1日[3] - 1945年4月1日
  • 近藤騖:1945年4月1日 -

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1049号、明治19年12月27日。
  2. ^ 『官報』第2617号、大正10年4月25日。
  3. ^ 『官報』第4865号、昭和18年4月2日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]