愛 燃える -呉王夫差-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宝塚ロマン[1][2]愛 燃える-呉王夫差-』(あいもえる ごおうふさ)は、宝塚歌劇団雪組によって上演された舞台作品。20場[1][2]2001年10月5日~11月12日[1](新人公演は10月23日[1])に宝塚大劇場で、2002年1月2日~2月11日[2](新人公演は1月22日[2])に東京宝塚劇場で上演された。伴演作はロマンチック・レビュー『Rose Garden』。

概要[編集]

中国の春秋戦国時代、謀反と野望渦巻くの王城を舞台に、夫差勾践のわなにはまる形で西施におぼれ、国を滅ぼしていく姿を、夫差と西施の恋物語として描いた。

轟悠の雪組トップとしての最後の主演作品であり、娘役トップの月影瞳のさよなら公演となった。

主な配役[編集]

※「( )」は新人公演

スタッフ[編集]

※スタッフ名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ、両劇場共通のスタッフ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 90年史 2004, p. 130.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 90年史 2004, p. 147.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6。