感情主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

感情主義(かんじょうしゅぎ、: sentimentalism、センティメンタリズム)とは、人間精神)中で、感覚感情情緒の働きを(知性理性意志よりも)重視する哲学心理学文学上の立場のこと。主情主義(しゅじょうしゅぎ、: emotionalism)とほぼ同義だが、後述するように、こちらの感情主義(: sentimentalism)の方がより限定的な意味で用いられる。

概要[編集]

感情主義(: sentimentalism)という用語は、主に哲学と文学の分野で用いられる。

哲学においては、英国における第3代シャフツベリ伯爵、フランシス・ハッチソン、デイヴィッド・ヒュームアダム・スミス等の「モラル・センス」(moral sense, 道徳感覚)、「モラル・センティメント」(moral sentiment, 道徳感情)を重視する倫理学的理論・立場・潮流を指すことが多い。これらはイマヌエル・カントに代表される理知的・意志的な倫理・道徳的立場と対置される。(ただし、両者は道徳・倫理の個人化・内面化・自律性を称揚する点では共通している[1]。)

文学においては、18世紀-19世紀にかけてのロマン主義の1つの特徴を表す概念として用いられる。感傷主義(かんしょうしゅぎ)とも。[2]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]