慕容カイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「慕容」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

慕容 廆(ぼよう かい、拼音:Mùróng Guī、269年 - 333年)は、鮮卑慕容部の大人(部族長)(在位:285年 - 333年)。昌黎郡棘城県(現在の遼寧省錦州市義県の北西)の出身。名は若洛廆、または弈洛瓌廟号高祖。父は慕容渉帰、異母兄は慕容吐谷渾

生涯[編集]

父の代[編集]

269年、大人の慕容渉帰の子として生まれた。幼い頃から体躯が大きく、美しい容貌をしていた。成長すると身長は八尺にまでなり、勇ましく度量が広かった。

慕容廆がまだ幼かった頃、西晋の安北将軍張華と会う機会があった。張華は人物鑑定眼を持っており、慕容廆の姿を見ると大いに驚嘆し「君は成長すれば、必ずや命世の器となるであろう。難を正し、時を救う者である」と言った。また、身に付けていた頭巾を外すと、丁寧に慕容廆に結び付けてから別れを告げた。 

281年10月、父の命により昌黎を侵略した。11月、遼西へ侵攻するも平州刺史鮮于嬰に敗れた。282年3月、昌黎で安北将軍厳詢に敗れ、数万の兵を失った。

大人を継承[編集]

283年、父が亡くなると、その弟である慕容耐が政権を掌握した。慕容耐は嫡男の慕容廆を誅殺しようと目論んだが、慕容廆は事前に察知して遼東の徐郁の家に亡命したので、難を逃れた。285年、慕容耐が国の人に殺害されると、慕容廆は部族に迎え入れられ、大人の地位を継承した。

庶兄の慕容吐谷渾は1700戸を領有していたが、慕容廆と対立すると西へと出奔し、遂に帰って来なかった。慕容廆は兄を追慕し、阿干の歌を作った。後に慕容吐谷渾は青海地方に移り住み、吐谷渾の創始者となった。

宇文部は同じ鮮卑族であったが、父の仇敵であった。慕容廆は西晋朝廷に宇文部討伐の許可を求める上表をしたが、認可されなかった。慕容廆はこれに怒って遼西へ攻め入り、多数の人民を殺戮した。武帝幽州の諸軍に討伐を命じ、慕容廆は肥如において大敗を喫した。しかし、これ以後も慕容廆は連年に渡り昌黎へ襲来し、略奪を繰り返した。

さらには夫余へ攻め入り、夫余王依慮を自害に追いやり、国城を滅ぼして1万人余りを鹵獲して帰還した。

286年、慕容廆は遼東をも侵略した。夫余王依慮の子である依羅は、祖国を復興すべく東夷校尉何龕に救援を要請した。何龕は督護賈沈を救援として差し向け、沃沮に拠っていた依羅を夫余に戻そうとした。慕容廆は配下の孫丁に騎兵を与えて賈沈を迎撃させたが、敗れて斬り殺された。

西晋に称藩[編集]

289年、慕容廆は側近と協議して「我が先公は、これより以後中華を奉じるようにと言われていた。その上、彼らはよく整っており、その強弱は比べるまでもなく明らかだ。どうして晋と競うことができるというのか。不和となって我が百姓に害を及ぼすことなどできん!」と述べ、晋朝へ帰順の使者を派遣した。武帝はこれに喜び、慕容廆を鮮卑都督に任じた。

後に慕容廆は東夷府を表敬訪問した。この時、漢人の風習に合わせて巾衣を身に着け、士大夫が貴人と接する際の礼儀を踏襲した。しかし、何龕は武装した兵を伴って引見したので、慕容廆は服を戎衣に改めてから入室した。ある人が理由を問うと「主人が礼を以って接していないのに、どうして賓客がそれをなそうか!」と答えた。何龕がこれを聞くと大いに恥じ入り、畏敬の念を覚えたという。

こうして慕容廆の威徳は日に日に広がっていったので、宇文部と段部は併呑されるのを恐れ、しばしば侵攻略奪を繰り返した。それでも慕容廆は往来を絶やさず、礼儀正しく謙虚に振る舞い、手厚い贈り物をして彼らを慰撫した。また、段部単于の娘を娶り、段部と姻戚関係を結んだ。妻の段氏との間には、慕容皝慕容仁・慕容昭の三子をもうけた。 

同年、慕容廆は遼東が僻地であったので、本拠地を徒河の青山に移した。

294年、慕容廆は顓頊が帝に即位した場所であるという棘城に拠点を移した。また、農業と養蚕に力を入れ、中華と同じ法律や制度を整えた。

301年7月、燕の地で大水が起こると、慕容廆は倉を開放して食糧を支給し、人民救済に努めた。恵帝がこれを聞くと大いに称賛し、慕容廆に命服を下賜した。

勢力拡大[編集]

302年、宇文部の単于宇文莫珪は弟の宇文屈雲に命じて周辺の城を攻撃させた。宇文屈雲は宇文素延に別動隊を率いさせて諸部を襲撃させた。慕容廆は自ら軍を率いて宇文素延を迎撃し、これを撃ち破った。宇文素延はこの敗戦を大いに恥じ、雪辱を期して10万の兵を率いて棘城を包囲した。城兵は皆震え上がったが、慕容廆は「素延軍は蟻の様に群がっているが、その軍は統制が取れておらず、既に我の計中にある。諸君らはただ力戦すればよい。憂えることなど何も無い」と鼓舞した。自ら甲冑を身に纏うと、出撃して宇文素延軍を再び破った。さらに、敗走する敵軍を百里に渡って追撃し、捕縛するか討ち取った者は1万人に上った。

遼東の孟暉が宇文部より離反し、数千家を引き連れて慕容廆に帰順した。慕容廆は孟暉を建威将軍に任じ、配下の慕輿句と慕輿河をそれぞれ要職に就けた。

307年、慕容廆は鮮卑大単于を自称した。また、代の地において勢力を拡大していた拓跋部の大人拓跋猗盧と修好を深めた。

309年、東夷校尉李臻が遼東郡太守龐本に殺されると、鮮卑の素喜連と木丸津が李臻の報復を掲げて挙兵した。彼らは連年遼東を侵略して暴行略奪の限りを尽くし、州郡の兵は度々敗北した。後任の東夷校尉封釈は龐本を斬り殺したが、素喜連らは略奪をやめなかった。封釈も彼等を撃退できず、講和を求めたが拒否された。慕容廆の領内にはこの乱を避けて多くの流民がやって来ていた。慕容廆は流民達へ備品を渡し、移住を望む者へは定住を許可し、慰撫に努めた。

311年、庶長子の慕容翰は慕容廆へ、素喜連・木丸津を討伐すればその兵を吸収することができ、さらに晋朝へも忠義を示すことができるとして、これを勧めた。慕容廆は笑って「まだ子供だと思っていたら、いつの間にかそんな知恵を身につけておったか」と語った。慕容廆は素喜連・木丸津討伐軍を挙げると、慕容翰を先鋒として敵を撃破した。こうしてその部族を吸収すると、彼らを棘城に移して遼東郡を設けた。さらに3千家の民を手に入れ、移住してきた民もそのまま慕容部に残ったので、慕容廆は大いに勢力を拡大し、遼東では大いに慕われる存在となった。東夷校尉封釈が亡くなると、孫の封奕を始めとして封釈の一族が慕容部にやって来た。彼らは皆国家の重臣となった。

313年、皇帝即位を目論んでいた幽州刺史王浚は、慕容廆を散騎常侍・冠軍将軍・前鋒大都督・大単于に任じたが、慕容廆は受けなかった。愍帝は使者を派遣して、慕容廆を鎮軍将軍に任じ、昌黎・遼東の二国公に封じた。

当時、中原は相次ぐ乱により荒廃しており、多くの民が幽州へ流れてきていた。慕容廆の政事は公正であり、人物を重んじたので、士民の多くが彼の下へ身を寄せた。慕容廆は俊才な者を抜擢し、その才能に適した職務を与えた。

4月、王浚が慕容廆と拓跋猗盧に段疾陸眷を討つよう持ち掛けると、慕容廆は慕容翰を段部攻撃に派遣した。慕容翰は徒河・新城を攻略して陽楽に至ったが、拓跋六脩が敗れたとの報告が入ると、慕容廆は慕容翰を徒河まで退却させ、青山の守りを固めさせた。

この年、慕容廆は裴嶷・陽耽・黄泓・魯昌を謀主に、游邃・逄羨・西方虔・宋奭・封抽・裴閏を股肱に、宋該・皇甫岌・皇甫真・繆愷・劉斌・封奕・封裕を幕僚に任じた。同時期、張統という人物が楽浪と帯方の2郡に割拠し、高句麗と連年に渡り争っていた。同じく楽浪に割拠していた王遵は慕容廆へ帰順しようと思い、張統を説得した。張統はこれに従い、その傘下に入った。慕容廆は楽浪郡を設置すると、張統を太守、王遵を参事に任じた。

314年、朱左車・孔纂・胡母翼の3人が薊から昌黎に亡命し、慕容廆に帰順を申し出た。この3人が徳に優れて清廉な人物であったので、慕容廆は賓客として持て成した。

317年3月、司馬睿が晋王を名乗った。司馬睿は慕容廆を仮節・散騎常侍・都督遼左雑夷流人諸軍事・龍驤将軍・大単于に任じ、昌黎公に封じたが、慕容廆は固辞して受けなかった。征虜将軍魯昌や在野の士である高詡が、司馬睿を奉じてその後ろ盾を得て、大義名分を以て各地の討伐に当たるよう進言すると、慕容廆は同意して長史王済を使者として建業へ派遣した。

318年3月、司馬睿は皇帝に即位する(東晋の元帝)と、再び慕容廆へ使者を派遣して龍驤将軍・大単于・昌黎公とする旨を伝えたが、昌黎公については固辞した。慕容廆は游邃を龍驤長史に、劉翔を主薄に任じ、游邃に府朝の儀法を制定させた。また、裴嶷を長史に任じ、軍国の謀略を一任した。これにより、弱小の部族は次第に慕容廆に併呑されていった。

三国連合襲来[編集]

319年、平州刺史・東夷校尉崔毖は遼東を治めていたが、慕容廆が人望を集めているのを妬み、高句麗・宇文部・段部と密かに連携し、慕容部討伐を持ち掛けた。三国は同意して軍をそれぞれ動かした。諸将は迎撃を請うたが、慕容廆は持久戦に持ち込んで内部崩壊を待つよう命じた。三国が棘城に攻撃を仕掛けると、慕容廆は門を閉じて籠城した。しばらくした後、宇文部の下に使者を送り、牛肉や酒を手厚く贈り届けさせ、大きな声で「崔毖から昨日、使者が来ましたぞ」と話させた。これを伝え聞いた二国は、宇文部と慕容廆が裏で通じているのではないかと疑い、兵を退却させた。だが、宇文部の大人宇文遜昵延だけは攻略の意志を崩さず、兵力は数十万を数え、陣営は四十里も連なっていた。慕容廆は徒河にいる慕容翰に救援を乞うたが、慕容翰はこれを拒否し、外で遊撃隊となって敵を擾乱すると伝えた。慕容廆は息子が臆病風に吹かれて参戦を拒絶したかと疑ったが、韓寿も慕容翰の考えに同意したので、慕容翰が徒河に留まることを許した。宇文遜昵延は数千騎を派遣して慕容翰を襲撃させたが、慕容翰は敵軍を誘い出して伏兵をもって大勝を挙げた。

慕容翰は勝ちに乗じると棘城へ使者を派遣して慕容廆へ出撃を請うた。慕容廆は慕容皝と長史裴嶷に精鋭を与えて先鋒とし、自身は大軍を率いてこれに続いた。慕容廆が襲撃した時、宇文遜昵延は全く備えをしていなかったため、驚いて全軍を出陣させた。慕容翰はこの隙に宇文遜昵延の陣営へ突入して焼き払っていった。宇文部軍は大混乱に陥って大敗し、宇文遜昵延は体一つで逃げ出した。慕容廆は敵の兵卒のほとんどを捕虜とし、更に皇帝の玉璽三紐を手に入れた。

崔毖は慕容廆に誅殺されるのを恐れ、甥の崔燾を棘城へ派遣して戦勝を祝賀させた。だが、それより早く三国の使者が棘城へ到来しており、今回の戦役が崔毖のたくらみである事を告げ、和平を請うていた。慕容廆はそれらの書状を崔燾へ突きつけて武装兵で脅し「汝の叔父は三国に我を滅ぼすよう言っておきながら、今また汝を偽りの賀に赴かせたのか」と言うと、崔燾は恐れて全てを漏らした。慕容廆は崔燾へ「降伏は上策。逃げるは下策である」という伝言を遺し、兵を伴わせながら崔毖の下へ返した。崔毖は大いに恐れて数十騎と共に城を棄てて高句麗へ逃げた。慕容廆はその兵を尽く吸収した。また、子の慕容仁を征虜将軍に任じ、遼東を鎮守させた。

百官を設置[編集]

高句麗の将軍如奴子が河城において抵抗すると、慕容廆は将軍張統に急襲させて如奴子を生け捕りにし、千家余りを捕虜にした。崔燾、高瞻、韓恒、石琮を捕らえて棘城に移すと、賓客として礼遇した。この戦果を江東(東晋朝廷)へ報告するよう宋該が建議すると、慕容廆は宋該を正使、裴嶷を副使とし、宇文部から奪った玉璽を携えて江東へ派遣した。

高句麗の美川王は度々兵を派遣して遼東を襲撃したが、慕容廆は慕容翰と慕容仁にこれを阻ませた。美川王が和睦を請うと、慕容翰と慕容仁を撤退させた。

320年3月、裴嶷らは建康に到着すると、慕容廆の威徳を盛んに称え、賢人俊才を重用していると述べた。朝廷はこれまで、慕容部を夷の末裔に過ぎないと考えていたが、これ以降重じるようになった。元帝は裴嶷の帰還に併せて使者を随行させ、慕容廆を監平州諸軍事・安北将軍・平州刺史に任じ、2千戸を加増させた。

321年12月、東晋により持節・都督幽平二州東夷諸軍事・車騎将軍・平州に任じられ、遼東公に冊封された。また、丹書鉄券を下賜され、海東の統治権を与えられた。そして、官司を備えて平州守宰を置くよう命じられた。官僚を置くことを許された慕容廆は、裴嶷・游邃を長史に、裴開を司馬に、韓寿を別駕に、陽耽を軍諮祭酒に、崔燾を立簿に、黄泓と鄭林を参軍事に任じた。また、嫡男の慕容皝を世子に立て、慕容翰に遼東を、慕容仁に平郭を統治させた。

322年、慕容廆は段部が乱れているのを見ると、慕容皝を令支に侵攻させ、名馬や宝物を略奪して帰還した。

323年後趙石勒が使者を派遣して慕容廆と同盟を求めた。慕容廆はこれを拒絶し、使者を捕えると東晋朝廷に送った。石勒はこれを知ると激怒した。

325年1月、石勒は宇文乞得亀に官職を与えると、慕容廆を攻撃させた。慕容廆は慕容皝に迎撃を命じ、遼東相裴嶷に拓跋部を指揮させて右翼に置き、慕容仁を左翼に置いた。宇文乞得亀は澆洛水に布陣し、兄の宇文悉跋堆に慕容仁を攻めさせた。慕容仁は敵軍を破って宇文悉跋堆を斬り殺すと、慕容皝と共に宇文乞得亀を攻めて大勝した。戦勝により重宝を尽く獲得し、畜産は百万を数えた。また、帰順した人民は、数万に上った。

11月、慕容廆は段部の大人段牙と講和した。

326年侍中を加えられ、位は特進となった。

330年、開府儀同三司を加えられたが、固辞した。

ある時、慕容廆は落ち着いた様子で「獄者は人命を脅かすので、決して赦してはならない。賢人君子は国家の基礎となるので、礼を尽くさなければならない。農業は国の根幹を為すので、急いではならない。酒色や便佞は大いに徳を乱すので、戒めなければならない」と言い、家令を著してその旨を記述させた。

最期[編集]

側近の宋該らが協議して「将軍は中華の一角で功績を挙げられましたが、任に大して官位は低いと考えます。周辺の者と同等の官位では、乱を鎮めることはできません。上表して官爵を進めるよう要請すべきです」と話すと、参軍韓恒は「功業を建てる人物というのは、信義が褒めらずとも、名位が低くとも気にかけないものです。桓公文公は衰退した王室を復興した後に、覇者の称号を得たのです。まず軍備を整えて逆賊を掃討し、功績を築き上げれば、九錫といえども自ずと下賜されましょう。にもかかわらず、主君(東晋)を脅して寵を求めるという行いがどうして栄誉といえましょう!」と反対した。慕容廆は気分を害し、韓恒を新昌県令へ左遷した。

331年、慕容廆は東晋の太尉陶侃へ使者を派遣し、共に北伐の兵を挙げて中原を鎮めることを求める文書を渡そうとした。だが使者は暴風により海で没したので、改めて東夷校尉封抽・行遼東相韓矯ら30人余りに上奏文を与えて、陶侃の府に派遣した。封抽らは慕容廆を燕王に封じ、大将軍に任じるよう要請したが、陶侃は遠回しにこれを拒絶した。

333年5月、慕容廆は65歳で病没した。49年の治政であった。成帝は使者を派遣して、慕容廆に大将軍・開府儀同三司を追贈し、襄公した。孫の慕容儁が帝位に就くと武宣皇帝と諡号された。

宗室[編集]

参考資料[編集]

  • 魏書』(帝紀第一、列伝第八十三、列伝第八十九)
  • 晋書』(武帝紀、元帝明帝紀、成帝康帝紀、四夷伝、慕容廆載記)
先代:
慕容耐
慕容部の大人
第5代:285年 - 333年
次代:
慕容皝