慕華館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
慕華館
Independence Gate in 1897.jpg
1897年の独立門(右)建立時に柱を残して撤去された迎恩門(左)。独立館に改名された慕華館(中央)
各種表記
ハングル 모화관
漢字 慕華館
テンプレートを表示

慕華館(ぼかかん)または慕華楼(ぼかろう)は、中国皇帝の臣下であり、冊封国であった朝鮮の歴代のが、中国皇帝の使者を迎えるための施設である[1]

「慕」は、朝鮮語で「サモハダ(思慕する)」=「心から愛する」、「華」は、中国であり、「慕華」とは、「中国を心から愛する」という意味であり、中国に対する事大・中国に対する服属を象徴する施設であった[2]

概要[編集]

使者を迎えるにあたって、迎恩門だけでは困るため、その隣に慕華館を建設した。使者が迎恩門を通過して慕華楼に入り李氏朝鮮国王は慕華館において使者に拝礼を繰り返したという[3]

19世紀末、独立協会の会員によって迎恩門は基部を残して破壊され、独立門が作られ、慕華館は独立館に改名された[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 岸本美緒宮嶋博史『明清と李朝の時代 「世界の歴史12」』中央公論社、1998年。ISBN 978-4124034127。
  • シンシアリー「慕華」という名前』、2013年11月8日。2016年11月4日閲覧。

関連項目[編集]