慧日寺 (大牟田市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

慧日寺(えにちじ)は福岡県大牟田市岩本に所在する黄檗宗寺院。等級は別格。山号は大慈山。本尊観世音菩薩で伝承では聖徳太子作。筑後三十三観音霊場第25番札所である。

歴史[編集]

往古は榮勝寺という浄土宗寺院であったが、宝永5年(1708年)に福厳寺4代目住持木庵性瑫の法孫にあたる元秀雪峯が柳川藩家老の小野隆幸の支援を得て黄檗宗寺院として再建される。以後、柳川藩家老家小野家の菩提寺となる。また、柳川藩主家立花氏祈願所ともなる。
現在の本堂は天保10年(1839年)で、改築されたものである[1]

参考文献[編集]

  • 「日本歴史地名大系第41巻・福岡県の地名」(2004年10月20日初版、平凡社
  • 「大日本寺院総覧・下巻」(堀由蔵編、1974年2月10日発行、名著刊行会)

脚注[編集]

  1. ^ 大牟田市ホームページ(吉野地区公民館地域情報)

座標: 北緯33度4分25.9秒 東経130度29分28.1秒