慶元秀章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
慶元 秀章
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市西成区
生年月日 (1956-02-28) 1956年2月28日(62歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1977年 ドラフト4位
初出場 1978年4月1日
最終出場 1986年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

慶元 秀章(けいもと ひであき、1956年2月28日- )は、大阪府大阪市西成区出身の元プロ野球選手外野手)である。前名は秀彦。

来歴・人物[編集]

北陽高校(現・関西大学北陽高校、大阪)では1973年、同学年のエース有田二三男を擁し、春夏の甲子園に外野手、三番打者として連続出場。春の選抜では、初戦で作新学院(栃木)の豪腕・江川卓に完封負け。夏の選手権では、3回戦で有田が高鍋高を相手にノーヒットノーランを達成。準々決勝に進むが今治西高に敗退した(この大会での打撃成績は、11打数6安打1打点)。夏の大会の2年下のチームメートに左翼手岡田彰布がいた。

高校卒業後は近畿大学に進学した。関西六大学リーグでは在学中3度優勝。1977年秋にクラウンライターライオンズのドラフト4位指名を快諾し、プロ入り。大学同期に山本隆造、丸川正充がおり、同じくクラウンに入団している。

ライオンズでは1年目から外野手として23試合に先発出場、終盤にはレギュラーに定着する。その後は外国人選手の新入団もあり、出場機会が減っていった。

1981年オフ、金銭トレードで近鉄バファローズに移籍、1982年には29試合に先発で起用される。翌年以降も準レギュラーとして活躍するが、1987年以降は二軍暮らしに終始し、1988年のシーズン終了後、引退した。引退後は大阪阿倍野にて慶元整骨院を経営。また大阪狭山リトルシニアの指導者でもある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 クラウン
西武
105 134 128 13 33 1 0 2 40 10 1 4 1 1 4 0 0 24 4 .258 .278 .313 .591
1979 54 57 51 11 11 1 1 0 14 5 0 1 4 1 0 0 1 3 2 .216 .226 .275 .501
1980 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1981 14 5 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .250 .250 .250 .500
1982 近鉄 70 124 111 12 24 7 1 1 36 12 1 3 2 0 9 0 2 16 5 .216 .287 .324 .611
1983 63 114 96 14 27 3 1 1 35 11 5 0 4 2 9 0 3 5 1 .281 .355 .365 .719
1984 82 67 60 8 15 0 0 2 21 6 0 1 0 0 6 0 1 8 0 .250 .328 .350 .678
1985 80 95 77 8 21 4 0 0 25 9 1 2 4 2 10 0 2 10 1 .273 .363 .325 .687
1986 15 13 11 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 .091 .167 .091 .258
通算:9年 486 611 540 67 133 16 3 6 173 53 8 11 16 6 40 0 9 67 14 .246 .306 .320 .626
  • クラウン(クラウンライターライオンズ)は、1979年に西武(西武ライオンズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56 (1978年)
  • 39 (1979年 - 1981年)
  • 38 (1982年 - 1988年)

関連項目[編集]