慶州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中国地名の変遷
建置 596年
使用状況 1125年に改編
南北朝朔州
慶州
弘化郡
慶州
安化郡
慶州
五代慶州
北宋/慶州団練
慶州
慶陽府
南宋/慶原路
慶陽散府
慶陽府
慶陽府
慶陽府
中華民国隴東道
現代慶陽専区
慶陽地区
慶陽市

慶州(けいしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から宋代にかけて、現在の甘粛省慶陽市および寧夏回族自治区南部一帯に設置された。

隋代[編集]

596年開皇16年)、隋により寧州帰徳県慶州が設置された。605年大業元年)、弘州が廃止され、管轄県の弘化県が移管された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、弘化郡と改称され、下部に6県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇16年 区分 大業3年
慶州 弘州[2] 弘化郡
不詳 不詳 洛源県
弘化県
合水県
華池県
馬嶺県
弘徳県
帰徳県 弘化県

唐代[編集]

618年武徳元年)、により弘化郡は慶州と改められた。742年天宝元年)、慶州は安化郡と改称された。756年至徳元載)、安化郡は順化郡と改称された。758年乾元元年)、順化郡は慶州の称にもどされた。慶州は関内道に属し、順化合水楽蟠馬嶺同川華池懐安延慶洛源方渠の10県を管轄した[3]

五代十国時代[編集]

五代十国時代の行政区画変遷
区分 後梁 後唐 後晋 後漢 後周
名称 慶州 慶州 慶州 慶州 慶州
順化県
合水県 -
楽蟠県
同川県
華池県
彭原県
真寧県
定安県
定平県
襄楽県
- 通遠県
寧州
- 威州 -
- 通遠軍

宋代[編集]

960年建隆元年)、北宋により陝西路の下部に慶州団練が設置された。963年乾徳元年)、慶州と改称された。1125年宣和7年)、慶州は慶陽府に昇格した[4]

金代[編集]

1142年皇統2年)、により慶陽府は慶原路と改められ、安化・彭原・合水の3県を管轄した[5]

元代[編集]

モンゴル帝国により慶原路は慶陽散府と改められた。1270年至元7年)に慶陽散府は慶陽府と改められた。安化県と彭原県が廃止され、慶陽府は合水県1県を管轄した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志上
  2. ^ 太平寰宇記』による。『隋書』では開皇18年設置とする。
  3. ^ 旧唐書』地理志一
  4. ^ 宋史』地理志三
  5. ^ 金史』地理志下
  6. ^ 元史』地理志三