慶徳校前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
慶徳校前停留場
Keitokukou-mae stop 1.jpg
慶徳校前停留場とその周辺(2006年8月31日)
けいとくこうまえ
Keitokuko-mae
6 河原町 (0.4km)
(0.4km) 辛島町 8
所在地 熊本市中央区練兵町・山崎町
駅番号 7
所属事業者 熊本市交通局
所属路線 幹線A系統)
キロ程 1.8km(熊本駅前起点)
田崎橋から2.3km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
873[1]人/日
-2015年-
開業年月日 1955年昭和30年)
テンプレートを表示
早野ビル

慶徳校前停留場(けいとくこうまえていりゅうじょう)は、熊本県熊本市中央区練兵町(れんぺいまち)・山崎町(やまさきまち)にある熊本市交通局電停停留所番号7A系統が停車する。

構造[編集]

相対式2面2線であるが、辛島町電停方面と河原町電停方面の電停は交差点を挟んで離れている。横断歩道を渡ってアクセスする。

停留所所在地は練兵町側・山崎町側に分かれている。

なお毎年2月に開催する熊本城マラソンでは、交通規制のため田崎橋・熊本駅前発の電車は当電停止まりで運行され、辛島公園南側の亘り線を使って折り返し運行が行われた。 相対式2面2線である。横断歩道を渡ってアクセスする。

慶徳校前電停のりば
のりば 路線 方向 行先 備考
東側 A系統 上り 熊本駅田崎橋方面
西側 下り 辛島町通町筋水前寺公園健軍町方面 上熊本駅方面は辛島町B系統(上熊本線)に乗り換え

利用可能なバス路線[編集]

利用状況[編集]

1日乗降人員推移 [1]
年度 1日平均人数
2011年 676
2012年 625
2013年 606
2014年 630
2015年 873

周辺[編集]

歴史[編集]

駅の歴史

駅名の由来

  • 熊本市立慶徳小学校にちなむ。順正寺を造営した僧である慶徳が堀を掘削し、この堀および周辺を慶徳堀と呼ぶようになった。

隣の停留場[編集]

熊本市交通局
A系統(幹線)
河原町電停 (6) - 慶徳校前電停 (7) - 辛島町電停 (8)

廃止路線[編集]

熊本市交通局
川尻線
慶徳校前電停 - (河原町電停) - 迎町電停

脚注[編集]

  1. ^ a b 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2018年3月22日閲覧
  2. ^ “中央支店の仮店舗での営業再開について” (プレスリリース), 熊本銀行, (2016年4月23日), https://www.kumamotobank.co.jp/announcement/newsrelease/PAGE_039481.html 2016年12月2日閲覧。 

関連項目[編集]