慶應チャレンジャー国際テニストーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント
大会情報
開催地 日本の旗 日本, 神奈川県横浜市
会場 慶應義塾大学日吉キャンパス
サーフェス ハード / 屋外
公式サイト
www.keiochallenger.com
ATPツアー
カテゴリ ATPチャレンジャーツアー
(チャレンジャー80)
ドロー 48S / 4Q / 16D
賞金総額 $54,160
WTAツアー
カテゴリ ITF女子ワールドテニスツアー
(W25)
ドロー 32S / 32Q / 16D
賞金総額 $25,000

横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント(よこはまけいおう―こくさい―)は、2007年より開催されている国際テニス大会。

概要[編集]

本大会は毎年2月[1]横浜市で開催されるATPチャレンジャーツアーの大会である。主催は慶應義塾大学。2017年から女子の部(ITF女子ワールドテニスツアー)も行われている。2020年の男子の部はCOVID-19の影響で中止となった[2]

大会歴代優勝者[編集]

男子シングルス[編集]

優勝 準優勝 試合結果
2020 開催なし
2019 大韓民国の旗 クォン・スンウ英語版 ドイツの旗 オスカー・オテ英語版 7–6(4), 6–3[3]
2018 日本の旗 内山靖崇 日本の旗 伊藤竜馬 2–6, 6–3, 6–4
2017 日本の旗 杉田祐一 大韓民国の旗 クォン・スヌ 6–4, 2–6, 7–6(2)
2016 開催なし
2015 日本の旗 ダニエル太郎 日本の旗 添田豪 4–6, 6–3, 6–3
2014 オーストラリアの旗 ジョン・ミルマン イギリスの旗 カイル・エドモンド 6–4, 6–4
2013 オーストラリアの旗 マシュー・エブデン 日本の旗 添田豪 2–6, 7–6(3), 6–3
2012 イタリアの旗 マッテオ・ヴィオラ ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ミルザ・バシッチ 7–6(3), 6–3
2010–11 開催なし
2009 日本の旗 鈴木貴男 オーストリアの旗 マルティン・フィッシャー 6–4, 7–6(5)
2008 大韓民国の旗 李亨澤 日本の旗 添田豪 7–5, 6–3
2007 イスラエルの旗 ドゥディ・セラ 日本の旗 鈴木貴男 6–7(5), 6–4, 6–2

男子ダブルス[編集]

優勝 準優勝 試合結果
2020 開催なし
2019 チュニジアの旗 モエズ・エシャルギ
チュニジアの旗 スカンデル・マンスーリ
オーストラリアの旗 マックス・パーセル
オーストラリアの旗 ルーク・サビル
7–6(6), 6–7(3), [10–7]
2018 ドイツの旗 トビアス・カムケ
ドイツの旗 ティム・プッツ
タイ王国の旗 サンチャイ・ラティワタナ
タイ王国の旗 ソンチャット・ラティワタナ
3–6, 7–5, [12–10]
2017 クロアチアの旗 マリン・ドラガニャ
クロアチアの旗 トミスラフ・ドラガニャ
ベルギーの旗 ヨリス・デ・ローレ
オーストラリアの旗 ルーク・サビル
4–6, 6–3, [10–4]
2016 開催なし
2015 タイ王国の旗 サンチャイ・ラティワタナ
タイ王国の旗 ソンチャット・ラティワタナ
イタリアの旗 リッカルド・ゲディン
チャイニーズタイペイの旗 易楚寰
6–4, 6–4
2014 アメリカ合衆国の旗 ブラッドリー・クラーン
オーストラリアの旗 マット・リード
ニュージーランドの旗 マーカス・ダニエル
ニュージーランドの旗 アルチョム・シタック
4–6, 6–4, [10–7]
2013 オーストリアの旗 フィリップ・オズワルド
ニュージーランドの旗 マイケル・ヴィーナス
タイ王国の旗 サンチャイ・ラティワタナ
タイ王国の旗 ソンチャット・ラティワタナ
7–5, 6–1
2012 アメリカ合衆国の旗 ブラッドリー・クラン
インドの旗 プラカシュ・アムリトラジ
タイ王国の旗 サンチャイ・ラティワタナ
タイ王国の旗 ソンチャット・ラティワタナ
6–3, 6–4
2010–11 開催なし
2009 チャイニーズタイペイの旗 楊宗樺
チャイニーズタイペイの旗 易楚寰
カザフスタンの旗 Alexey Kedryuk
日本の旗 三橋淳
6–7(9), 6–3, 12–10
2008 チェコの旗 Tomáš Cakl
スロバキアの旗 Marek Semjan
アメリカ合衆国の旗 Brendan Evans
オーストリアの旗 Martin Slanar
6–3, 7–6(1)
2007 日本の旗 添田豪
日本の旗 近藤大生
日本の旗 岩渕聡
日本の旗 松井俊英
6–7(5), 6–3, 11–9

女子シングルス[編集]

優勝 準優勝 試合結果
2020 日本の旗 宮崎百合子 日本の旗 本玉真唯 7–5, 5–7, 6–2
2019 ベルギーの旗 グリート・ミネン ルーマニアの旗 エレナ・ガブリエラ・ルース 6–4, 6–1
2018 ロシアの旗 ヴェロニカ・クデルメトワ イギリスの旗 ハリエット・ダート 6–2, 6–4
2017 日本の旗 大前綾希子 日本の旗 日比万葉 7–5, 6–2
↑   ITF女子ワールドテニスツアー   ↑

女子ダブルス[編集]

優勝 準優勝 試合結果
2020 日本の旗 梶谷桜舞
日本の旗 佐藤南帆
日本の旗 林恵里奈
日本の旗 森崎可南子
1–6, 6–4, [10–8]
2019 大韓民国の旗 チェ・ジヒ
大韓民国の旗 ハン・ナレ
インドの旗 ラトゥーヤ・ボーセール
日本の旗 大前綾希子
6–1, 7–5
2018 イギリスの旗 ローラ・ロブソン
ハンガリーの旗 ファニ・シュトーラ
日本の旗 小堀桃子
日本の旗 村松千裕
5–7, 6–2, [10–4]
2017 日本の旗 大前綾希子
日本の旗 瀬間詠里花
日本の旗 森崎可南子
日本の旗 米原実令
6–4, 6–4
↑   ITF女子ワールドテニスツアー   ↑

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2017年以降。2007年-2009年と2012年-2015年は11月に開催されていた。また、2016年は非開催。
  2. ^ 横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2020(男子大会) 大会中止のお知らせ. 横浜慶應チャレンジャー大会運営本部 (2020年8月14日). 2020年8月25日閲覧。
  3. ^ Yokohama Keio Challenger, MAIN DRAW SINGLES (PDF)”. protennislive.com (2019年3月3日). 2020年8月8日閲覧。