慶應義塾大学大学院法務研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
慶應義塾大学 > 慶應義塾大学大学院法務研究科

慶應義塾大学大学院法務研究科(けいおうぎじゅくだいがく だいがくいんほうむけんきゅうか)は、慶應義塾大学三田キャンパスに設置されている法科大学院

概要[ソースを編集]

慶應義塾大学は2004年に法科大学院として大学院法務研究科を開設した[1]。以来、2007年度新司法試験漏洩問題などの問題はあったものの[2]、高い法曹養成実績を誇り、2017年には東京大学京都大学一橋大学早稲田大学中央大学神戸大学とともに、トップスクール7校からなる先導的法科大学院懇談会 (LL7) を結成し、初代幹事校としてコンソーシアムの中核的役割を果たした[3][4]

沿革[ソースを編集]

専攻[ソースを編集]

  • 法曹養成専攻[6]
    • 法学未修者コース(1学年約50名)[6]
    • 法学既修者コース(1学年約170名)[6]

研究所[ソースを編集]

  • グローバル法研究所[7]

著名な出身者[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 歴史:[慶應義塾]
  2. ^ 「新司法試験の合格者1851人、類題教えた慶応大は2位」2007年9月13日21時14分 読売新聞
  3. ^ LL7とは | Leading Law School | LL7 先導的法科大学院懇談会
  4. ^ 2019 KEIO UNIVERSITY LAW SCHOOL (PDF) - 慶應義塾大学 法科大学院
  5. ^ 「新司法試験の合格者1851人、類題教えた慶応大は2位」2007年9月13日21時14分 読売新聞
  6. ^ a b c 法科大学院 概要:教育理念/目的/3つのポリシー/基本概要 - 慶應義塾大学 法科大学院
  7. ^ 慶應義塾大学大学院法務研究科・グローバル法研究所 | KEIGLADは、法学研究および法学教育をめぐる教職員・学生間の国際交流と国際協力の推進を支援するための機関です。 グローバル法研究所