慶應義塾大学看護医療学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
慶應義塾大学 > 慶應義塾大学看護医療学部
慶應義塾大学病院(信濃町キャンパス)

慶應義塾大学看護医療学部(けいおうぎじゅくだいがく かんごいりょうがくぶ)は、慶應義塾大学が設置する看護学部である。

概要[編集]

慶應義塾大学看護医療学部は、1918年に北里柴三郎により設立された慶應義塾大学医学科付属看護婦養成所を源流とし、2001年に信濃町慶應義塾看護短期大学を改組して、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に開設された[1]

1〜2年次、4年次の一部は総合政策学部環境情報学部と同じ湘南藤沢キャンパス、3年次および4年次の一部が慶應義塾大学病院のある信濃町キャンパスにて看護教育が行われている。湘南藤沢キャンパスにあることから、総合政策学部・環境情報学部の科目を中心に他学部科目を履修することも可能である。

卒業生全員に学士(看護学)の学位が与えられ、看護師国家試験の受験資格を得ることができる。また、4年次に選択することで保健師国家試験や、女子のみではあるが助産師国家試験の受験資格を取得することもきる[2]

理念[編集]

慶應義塾の建学精神にある「躬行実践を以って全社会の先導者たらん」とする理念に基づき、看護医療における実践をもって先導できる能力を備えた人材を育成することを目的としている。

沿革[編集]

学生数[編集]

  • 入学定員100人・収容定員415人[4]

同窓会[編集]

  • 紅梅会 - 1934年に創設。「厳寒の中でいち早く凛として咲く梅のゆかしさを象徴し、紅梅の強くやさしい花も香もある良い看護婦になるように」という願いを込めてつけられた[5]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]