慶政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

慶政(けいせい、文治5年(1189年) - 文永5年10月6日1268年11月11日))は、鎌倉時代。号は証月坊・松月坊・勝月坊・照月坊。猪熊本「比良山古人霊託」によれば藤原道家の兄とされる。

幼時に、抱いていた乳母が誤って落としてしまい、背骨の一部が飛び出るほどの障害を負ったという。出家して天台宗寺門派の僧となり、1208年承元2年)京都西山に隠棲している。1217年建保5年)(中国)へ渡って翌1218年(建保6年)に帰国、1226年嘉禄2年)西山に法華山寺を建立している。高弁(明恵)とも交流があった。著作に「比良山古人霊託」、「法華山寺縁起」、1243年寛元元年)に渡宋の途中で琉球国に漂着した人々の伝聞を記録した「漂到琉球国記」などがあり、「閑居友(かんきょのとも)」の作者とも言われている。

続古今和歌集」以下の勅撰和歌集に入集。