慶政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

慶政(けいせい、文治5年(1189年) - 文永5年10月6日1268年11月11日))は、鎌倉時代。号は証月坊・松月坊・勝月坊・照月坊。猪熊本「比良山古人霊託」によれば藤原道家の兄とされる。

幼時に、抱いていた乳母が誤って落としてしまい、背骨の一部が飛び出るほどの障害を負ったという。出家して天台宗寺門派の僧となり、1208年承元2年)京都西山に隠棲している。1217年建保5年)(中国)へ渡って翌1218年(建保6年)に帰国、1226年嘉禄2年)西山に法華山寺を建立している。高弁(明恵)とも交流があった。著作に「比良山古人霊託」、「法華山寺縁起」、1243年寛元元年)に渡宋の途中で琉球国に漂着した人々の伝聞を記録した「漂到琉球国記」などがあり、「閑居友(かんきょのとも)」の作者とも言われている。

続古今和歌集」以下の勅撰和歌集に入集。

漂到琉球国記[編集]

1243年寛元元年)は舜天王統舜馬順煕の治世に当たる。

同記によれば、慶政一行は渡宋の折、台風により「琉球国」のある島に漂着したと言う。上陸して最初に発見した仮屋の中に人骨が放置されているのを見て一行は驚愕した。これは風葬の様子と見られ[1]、当時そのような風習が琉球にある事が知られており[2]、それを以て一行は琉球に漂着した事を知ったと言う[3]。ただし、具体的にどの島かは不明である。

更に一行は島の村人と出会い、米を渡し紫苔[4]や芋と物々交換した[3]。また、武装した琉球人たちが船に乗り弓を射かけて来た。赤い衣服や頭巾を身に着け、弓や鉾、盾などで武装していたと言う[5]

挿絵があり、原文と共に宮内庁ウェブサイトから参照できる。

脚注[編集]

  1. ^ 例として「百按司墓」のような、あるいは戦前の久高島の風葬墓のような小屋か。
  2. ^ 一説には、このような風葬の慣習のため、「今昔物語集」に挙がるような「琉球人は食人族」との誤解が広まった可能性もある。その一方、台湾の高山族では、食人では無いが、首狩りおよび頭骨を飾る習俗があった事は周知である。
  3. ^ a b 柴田(1963)。
  4. ^ すむのり。海苔または海藻の一種か。
  5. ^ 池宮(1997年)。

参考文献[編集]

  • 池宮正治 「歴史と説話の間 : 語られる歴史」 『琉球王国評定所文書』 13巻 浦添市教育委員会、1997年3月、5-34頁。hdl:20.500.12001/19225 
  • 柴田実 「〈紹介〉比良山古人霊託 漂到琉球国記」 『史林』 46巻2号 史学研究会、338-339頁、1963年3月。doi:10.14989/shirin_46_338ISSN 0386-9369 

関連項目[編集]