憲宗 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
憲宗 李純
第14代皇帝
Tang Xianzong.jpg
王朝
在位期間 805年9月5日 - 820年2月14日
姓・諱 李淳→李純
諡号 聖神章武孝皇帝
昭文章武大聖至神孝皇帝(宣宗による)
廟号 憲宗
生年 大暦13年2月14日
778年3月17日
没年 元和15年1月27日
820年2月14日
順宗
王良娣中国語版
后妃 なし
陵墓 景陵
年号 元和 : 806年 - 820年

憲宗(けんそう)は、唐朝の第14代皇帝順宗の長男。

生涯[編集]

805年4月に立太子され、同年8月には順宗の病を理由にした譲位にともない即位した。即位後は宦官の勢力に対抗するために杜黄裳を登用した。さらに地方の節度使勢力を抑制するため、817年元和12年)には淮南西道節度使を討って地方の統制強化も実施している。対藩鎮勢力の施策としては、儒者の臣を藩帥に任命し、監査任務を主とする監軍には宦官を配し、節度使勢力の動静を監視させる制度を開始した。さらに名臣と謳われた武元衡や李吉甫らにも恵まれ、軍備を拡張した禁軍を積極的に活用した結果、唐王朝に反抗的であった河朔三鎮も服従を誓い、衰退した唐は一時的な中興を見た。

だが、太子に立てられた長男の鄧王・李寧(恵昭太子)が19歳で早世すると、憲宗はその悲しみから仏教道教に耽溺するようになった。法門寺仏舎利長安に奉迎することを計画し、韓愈の「論仏骨表」による諫言を退け、莫大な国費を費やして供養を行なった。また丹薬を乱用し宦官を虐待するという精神的異常をきたした。そのため820年に宦官の王守澄や陳弘志らによって43歳で暗殺された。

宗室[編集]

后妃[編集]

男子[編集]

  • 恵昭太子(鄧王)李寧
  • 澧王李惲
  • 遂王李恒(穆宗)
  • 深王李悰
  • 洋王李忻
  • 絳王李悟
  • 建王李恪 - 五代十国時代南唐王家は建王の末裔(初代皇帝李昪が建王の末裔)を称しているが真偽の程は不明。『資治通鑑』には皇帝即位の後、李昪が役人に自身の先祖を誰にすべきかと尋ねた記述すらある為、信憑性には大いに疑問符が付く。
  • 鄜王李憬
  • 瓊王李悦
  • 沔王李恂
  • 婺王李懌
  • 茂王李愔
  • 光王李怡(宣宗)
  • 淄王李恊
  • 衡王李憺
  • 澶王李㤝
  • 棣王李惴
  • 彭王李惕
  • 信王李憻
  • 栄王李㥽