憲法問題研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

憲法問題研究会(けんぽうもんだいけんきゅうかい)は、1958年(昭和33年)6月8日、湯川秀樹我妻栄宮沢俊義務台理作など、東京・京都の知識人が創立した団体である[1]1976年(昭和51年)4月の解散[2]まで、法曹界だけでなく、当時の学界の粋が結集し、日本国憲法について互いの知見を啓発し、講演会を通じ啓蒙的活動をした。

会員[編集]

東京側[編集]

有沢広巳家永三郎入江啓四郎鵜飼信成大内兵衛大河内一男戒能通孝菊池勇夫、城戸又一、清宮四郎久野収佐藤功高木八尺竹内好谷川徹三辻清明都留重人中野好夫中村哲南原繁野村平爾真野毅丸山真男峯村光郎、宮沢俊義、務台理作、宗像誠也、我妻栄。

京都側[編集]

青山秀夫、浅井清信、磯村哲井上清猪木正道、岡本清一、大西芳雄加藤新平貝塚茂樹河野健二黒田了一桑原武夫佐伯千仭島恭彦末川博田畑茂二郎田畑忍俵静夫恒藤恭名和統一、前芝確三、松井清松田道雄、森義宣、湯川秀樹、吉村正一郎[3]

会の著作物[編集]

  • 『憲法を生かすもの』 憲法問題研究会編、岩波書店〈岩波新書〉、1961年ASIN B000JANJBS
  • 『憲法と私たち』 憲法問題研究会編、岩波書店〈岩波新書〉、1963年ASIN B000JAIRIS
  • 『憲法読本 上』555、憲法問題研究会編、岩波書店〈岩波新書〉、1965年。ISBN 978-4004100393。
  • 『憲法読本 下』556、憲法問題研究会編、岩波書店〈岩波新書〉、1965年。ISBN 978-4004100409。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『憲法読本』(上)i頁。
  2. ^ 『憲法と知識人』5頁。
  3. ^ 五十音順。以上、『憲法読本』(下)197頁による。

参考文献[編集]

  • 邱静『憲法と知識人:憲法問題研究会の軌跡』岩波書店(岩波現代全書48)2014年、ISBN 9784000291484

関連項目[編集]