懐かしい人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

懐かしい人(なつかしいひと)は、つげ義春により1973年月刊『終末から2』(筑摩書房)に発表された24頁からなる漫画作品[1]を原作としたテレビ東京制作のテレビドラマ。原題は『懐かしいひと』。原作の八重は、ドラマでは八重子になっている。

テレビドラマ化[編集]

つげ義春原作のドラマシリーズ『つげ義春ワールド』[2]の1本として製作された。ギャラクシー賞を受賞した「退屈な部屋」の続編であり、俳優の豊川悦司が監督。1998年7月13日1998年9月28日放送。テレビ東京[3]

ストーリー[編集]

わたしは妻と漫画の取材を兼ねて温泉地に行くことになった。宿は8年前、わたしが女中の八重子と恋仲になった「花屋」だ。だが「花屋」にはまだ、八重子がいた。

キャスト[3][編集]

スタッフ[3][編集]

原作[編集]

作品は、つげが岡田晟の手伝いをしていたころに湯河原温泉へ仕事のために岡田と滞在したときに女中と深い関係になり、後に同棲していた女性と実際に同じ旅館に宿泊した話をベースにしている。後の夫人となる藤原マキではなくそれ以前に別の女性と同棲していたころの話がヒントになっている。2度目の来訪の際に女中は働いていたが、実際にはお互いに全く知らん顔であった。作品中では女体がかなりリアルに描かれているが、つげは「ドラマの中で主人公を劣情させる肉体として、また同時に読者への説得としてセクシーを強調した」と回顧している[4]

あらすじ[編集]

若い漫画家夫婦が取材をかね、湯河原温泉を訪ねる。男はかつて仕事である旅館に滞在した際に、女中の八重と深い関係に陥った。夫婦はその同じ宿に泊まるが、2人で同じ浴室に使っているときに豊満な肉体の女が入ってくる。妻は直感的に八重ではないかと疑う。部屋に戻った男は妻に浴室で勃起したことを指摘される。その夜、妻が寝入ったすきに男は八重の部屋を訪ねる。想い出話をするうちに欲情し八重の体を求める。頑なに拒否する八重。男は思わず「八重さんのからだがすごく懐かしくて・・・」と言い訳をする[4]

参考サイト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「つげ義春漫画術(上巻)」(1995年10月 ワイズ出版)
  2. ^ allcinema
  3. ^ a b c allcinema
  4. ^ a b 「つげ義春漫画術(下巻)」(1995年10月 ワイズ出版)