懿穆貴妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

懿穆貴妃(いぼくきひ、? - 1103年)は、北宋神宗の側室。姓は邢氏

生涯[編集]

最初、後宮に入って御侍(皇帝の側女)となり、熙寧2年(1069年)8月、永嘉郡君に封ぜられた。熙寧4年(1071年)6月に美人に進封された。熙寧7年(1074年)7月、充容(正二品嬪)に進んだ。熙寧10年(1077年)正月、婉儀(従一品嬪)に進封された。男子を4人産んだが、みな夭折した。

元豊8年(1085年)に神宗が崩ずると、哲宗から賢妃の位に再進封された。同年4月、淑妃に進封された。元符3年(1100年)3月、徽宗から貴妃の位に再進封された。崇寧3年(1103年)10月、薨去し、「懿穆」とされた。

[編集]

  • 恵王趙僅
  • 冀王趙僩
  • 豫悼恵王趙價
  • 徐沖恵王趙倜

伝記資料[編集]

  • 宋史
  • 『皇宋十朝綱要』
  • 『宋会要輯稿』