戊寅元暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

戊寅元暦(ぼいんげんれき)は中国暦の一つで、かつて中国で使用された太陰太陽暦暦法の傅仁均(ふじんきん)によって編纂され、武徳2年(619年)から麟徳元年(664年)にいたる46年間、施行された。省略されて戊寅暦ともいう。武徳9年(626年)丙戌の年より16万4348年前の戊寅の年(紀元前163723年)を上元とするのでこの名がある。王朝に採用された初めてのである。

676年に249閏月を置く破章法を採用し、1太陽年365 2315/9464(≒365.24461[1] )日、1朔望月29 6901/13006(≒29.530601[2])日とした。

公式に採用された暦では初めて定朔法を用いた。ただし、定朔法では大の月が4ヶ月も連続する可能性があるといった根強い反対があり、貞観19年(645年)以降はふたたび平朔法が使われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]