戎州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戎州(じゅうしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から宋代にかけて、現在の四川省宜賓市一帯に設置された。

概要[編集]

南朝梁のとき、戎州が立てられた。州治は僰道県に置かれた。

大業初年、戎州は僰道・犍為南渓開辺の4県を管轄した。607年(大業3年)、州が廃止されて郡が置かれると、戎州は犍為郡と改称された[1]

618年武徳元年)、唐により犍為郡は戎州と改められ、僰道・犍為・南渓・開辺・存䣖の5県を管轄した。742年天宝元年)、戎州は南渓郡と改称された。758年乾元元年)、南渓郡は戎州と改称された。戎州は僰道・南渓・義賓・開辺・帰順の5県を管轄した[2]

北宋乾徳年間、開辺・帰順の2県が廃止された。1001年咸平4年)、戎州は梓州路に属した。1114年政和4年)、戎州は叙州と改められた[3]

春秋時代の戎州[編集]

本節では、春秋時代に現在の山東省曹県の東南にあった戎州について述べる。春秋時代の戎人の邑であった。紀元前478年荘公が戎州を破壊した。荘公は石圃の攻撃を受けて、戎州の己氏のもとに逃げ込んだが、己氏に殺害された[4]

元の戎州[編集]

本節では、元代に現在の四川省興文県一帯に設置された戎州について述べる。1285年至元22年)、大壩都総管を戎州に昇格させた。戎州は馬湖路に属した[5]1371年洪武4年)、戎州は戎県に降格された。1573年万暦元年)、戎県は興文県と改められた[6]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志上
  2. ^ 旧唐書』地理志四
  3. ^ 宋史』地理志五
  4. ^ 春秋左氏伝』哀公十七年
  5. ^ 元史』地理志三
  6. ^ 明史』地理志四