成公 (曹)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

成公(せいこう)は、春秋時代の君主(在位前578年 - 前555年)。姓は姫、名は負芻。『史記』は宣公の弟とし、杜預注は宣公の庶子とする。紀元前578年、宣公が出征中に死去すると、国人の負託をうけて国都の留守をつとめ、公子欣時(子臧)を派遣して宣公の遺体を迎えさせた。宣公の太子を殺害して曹国の君主となった。宣公の葬儀の後、公子欣時が亡命しようとしたので、引き留めた。紀元前576年と戚で会したが、太子を殺害して即位した罪をとがめられ、晋に逮捕されて王都に送られた。諸侯は公子欣時を立てようとしたが、公子欣時は宋に亡命した。紀元前575年、王都から曹に帰国した。在位23年。紀元前555年、晋・魯・宋・衛・鄭らと会盟して斉を攻撃した。成公は軍中で死去した。

参考文献[編集]

  • 『史記』管蔡世家第五
  • 春秋左氏伝』成公13年、15年、16年、襄公18年