成安造形大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
成安造形大学
Seiancampus 02.jpg
成安造形大学キャンパス
大学設置 1993年
創立 1920年
学校種別 私立
設置者 学校法人京都成安大学
本部所在地 滋賀県大津市仰木の里東4-3-1
キャンパス 上記本部所在地
学部 芸術学部
ウェブサイト https://www.seian.ac.jp/
テンプレートを表示

成安造形大学(せいあんぞうけいだいがく、英語: Seian University of Arts and Design)は、滋賀県大津市仰木の里東4-3-1に本部を置く日本私立大学である。1993年に設置された。大学の略称は成安、成安造形大など。

概要[編集]

成安造形大学は、1920年(大正9年)に学祖である瀬尾チカが、京都市に成安裁縫学校を設立したことにはじまる。その後、1950年(昭和25年)に成安女子短期大学開設、1993年(平成5年)に学校法人名を京都成安学園に改称し、成安造形大学が開学する。滋賀県内唯一の芸術大学である。

建学の精神は「成安」の名に由来し、「成安」とは人の和を大切に、一人ひとりが自己の使命を追求し、全うし続けることを通じて、心安らぐ平和な社会をつくることに貢献するという意味である[1]

沿革[編集]

学部・学科[編集]

成安造形大学は、芸術学部芸術学科の中に、6つの研究領域、19の専門コースを設けている[2]。カリキュラムは、造形表現の土台を固めた上で、専門分野を深めていくものとなっており、1年次から4年次のどの段階でも他領域の学びを取り入れられる[2]。講義系教員・実習系教員、領域研究室スタッフ、クリエイティブサポートスタッフ、学生支援職員、キャリアサポートセンター職員、研究・連携支援職員といった支援体制が構築されている[2]

芸術学部 芸術学科[編集]

  • 総合領域
    • 総合デザインコース
  • イラストレーション領域
    • メディアイラストコース
    • アートイラストコース
    • デジタルイラストコース
    • マンガ絵本コース
    • アニメーションコース
    • 3DCGコース
    • フィギュア・トイコース
    • 風景イラストコース
  • 地域実践領域
    • クリエイティブ・スタディーズコース

キャンパス[編集]

  • 本館棟(スパイラルギャラリー)
  • 図書館棟(附属図書館、情報メディアセンター)
  • 実習A棟(総合領域研究室、人体表現研究室、コンピュータルーム)
  • 実習B棟(コンピュータールーム、撮影スタジオ白/黒、イラストレーション領域研究室)
  • 実習C棟
  • 実習D棟(染色室、鉄工ラボ)
  • 実習E棟
  • 実習F棟(版画ラボ)
  • 実習G棟(メディアデザイン領域研究室、ライトギャラリー)
  • 実習H棟(美術領域研究室)
  • 実習I棟(空間デザイン領域研究室、インターネットカフェ、ブロードキャスティングスタジオ、プリントルーム、ギャラリーアートサイト、ギャラリーウインドウ)
  • 実習J棟(造形ラボ、ギャラリーキューブ)
  • 聚英館(学園歴史資料室、聚英ホール)
  • 体育館棟 
  • 食堂棟(学生食堂、購買部「リブレ」)
  • カフェテリア「結」紀伊國屋(ミュージアムショップ)

関連機関[編集]

キャンパスが美術館[編集]

「キャンパスが美術館」は、その名称の通り「芸術大学のキャンパス=美術館」と見立てた回遊式の「美術館」である[3]。学校法人京都成安学園の創立90周年を記念して2010年10月にオープンした。キャンパス内に点在する9つのギャラリースペースで年間を通じて展覧会を鑑賞できる[3]。教育・研究の場、および地域交流の場となることをコンセプトに、在学生・教職員・卒業生に発表の機会を提供するとともに、国内外で活躍するアーティストの企画展を行い、幅広く表現活動を紹介している[3]。さらに、滋賀ゆかりの企画展示を積極的に行い、芸術を通して地域の魅力を発信し、地域交流の機会提供に努めている[3]。毎年、テーマを設定した総合芸術祭「SEIAN ARTS ATTENTION(セイアンアーツアテンション)」を、すべてのギャラリースペースを利用して約1ヶ月間開催している[3]

キャンパスが美術館Webサイト

地域連携推進センター[編集]

地域連携推進センターは、成安造形大学の基本理念「芸術による社会への貢献」を具現化し、地域・社会・企業と学生をつなぐ架け橋となることを目的に、官公庁、企業、各種団体、個人との間で、さまざまな連携事業を推進している[4]。滋賀県唯一の芸術大学であるリソースを活かして「結ぶ、つなげる、広げる」を命題にプロジェクトを展開し、学生のスキルアップや連携先の発展、そして地域社会全体の活性化を目指している[4]

地域連携推進センターWebサイト

附属近江学研究所[編集]

近江文化・風土と、芸術の持つ創造精神とを結びつけ、新たな可能性を探求する研究機関であり、研究や教育活動、文化復興活動に一般からも参加できるように、会員制研究会「近江学フォーラム」を設立し、地域に根づく文化・風土の調査や研究など、多岐に渡って活動している[5]

附属近江学研究所Webサイト

附属芸術文化研究所[編集]

文化と芸術に関する諸分野の学術研究を深め、大学の教育・研究活動へ活かすと同時に、研究成果を広く社会に公開している。学術・文化をより推進することを目的として、各種事業を行っている[6]

交通機関[編集]

JR京都駅からJR湖西線でおごと温泉駅へ約20分、JRおごと温泉駅前から大学へは無料シャトルバスが運行している[7]。学生だけでなく、大学来訪者も無料で利用できる。

大学関係者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 成安の歴史” (日本語). 成安造形大学. 2020年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c 学びの特長” (日本語). 成安造形大学. 2020年5月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e 概要_キャンパスが美術館について | キャンパスが美術館 | 成安造形大学”. www.seian.ac.jp. 2020年5月11日閲覧。
  4. ^ a b 地域連携推進センター” (日本語). 成安造形大学. 2020年5月11日閲覧。
  5. ^ 附属近江学研究所” (日本語). 成安造形大学. 2020年5月11日閲覧。
  6. ^ 附属芸術文化研究所” (日本語). 成安造形大学. 2020年5月11日閲覧。
  7. ^ アクセス” (日本語). 成安造形大学. 2020年5月11日閲覧。

座標: 北緯35度6分32.6秒 東経135度54分8.3秒 / 北緯35.109056度 東経135.902306度 / 35.109056; 135.902306