成実村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なるみそん
成実村
廃止日 1954年6月1日
廃止理由 編入合併
成実村米子市
現在の自治体 米子市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 鳥取県
西伯郡
隣接自治体 米子市、天津村
島根県
成実村役場
所在地 鳥取県西伯郡成実村
成実村役場庁舎位置
(現・成実公民館)
 表示 ウィキプロジェクト

成実村(なるみそん)は、明治22年(1889年) - 昭和29年(1954年)、鳥取県にあった村。米子平野南部、加茂川流域に位置する。

概要[編集]

はじめ会見郡西伯郡の自治体名。

  • 明治22年(1889年)10月 - 町村制施行により会見郡陰田・西大谷・長田・宗像・日原・奥谷・石井・美吉・新山・古市・吉谷・橋本・奈喜良の13か村が合併して成立。
  • 明治29年(1896年)3月 - 郡の統合により西伯郡に所属。
  • 大正15年(1926年)9月 - 陰田・西大谷・長田・美吉は米子町に編入。当村は10大字を編成。
  • 昭和29年(1954年)6月 - 米子市に編入され、村制時の大字は同市の大字に継承。

商工業[編集]

明治37年(1904年)『伯耆国実業人名録』成実村の部では[1]

大正5年(1916年)刊の『陰陽八郡一覧』によって、国税二十円以上の納税者をみると[1]、 金銭貸付の岩崎(古市)、柴本(長砂)、生田(石井)、瀬尾(美吉)以外は駅前での営業者で、

戸口など[編集]

史跡[編集]

  • 石井要害跡
  • 宝石城跡

出身人物・ゆかりのある人物[編集]

学者[編集]

  • 沼田政矩 - 鉄道橋梁技術の権威

法曹[編集]

文化人[編集]

  • 佐藤徳尭(小説家) - 代表作『山陰の民話』8巻。

医師[編集]

技術者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『米子商業史』499頁
  2. ^ 元米吾代表取締役内田保秀の父。
  3. ^ 元自治大臣赤沢正道の父。
  4. ^ 『米子商業史』500頁

参考文献[編集]

  • 『米子商業史』』(1990年、編纂・著作 米子商工会議所米子商業史編纂特別委員会、1990年、499-502頁)
  • 『市町村名変遷辞典』(東京堂出版、1990年)