成島出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なるしま いずる
成島 出
生年月日 (1961-04-16) 1961年4月16日(59歳)
出生地 日本の旗 日本山梨県甲府市
職業 映画監督脚本家
主な作品
映画
聯合艦隊司令長官 山本五十六
孤高のメス
八日目の蝉
ふしぎな岬の物語
ソロモンの偽証 前編・事件/後編・裁判
テンプレートを表示

成島 出(なるしま いずる、1961年4月16日 - )は、日本映画監督脚本家

来歴[編集]

山梨県甲府市生まれ[1]山梨県立甲府東高等学校卒業、駒澤大学文学部中退。大学の映画サークルで活動を始める[2]1986年、監督作『みどり女』でぴあフィルムフェスティバルに入選し、長谷川和彦大島渚に「映画監督になれ」と言われ「映画監督になる」と決意する[3][4]

長谷川のもとで5年間、書生のような生活を送りつつ、「ディレクターズ・カンパニー」に参加し、映画製作を学ぶ[4][5][6][7]。助監督として相米慎二平山秀幸らに就く[4][5][7]

1994年、『大阪極道戦争しのいだれ』で脚本家としてデビューし、『T.R.Y.』や『日本沈没』、『クライマーズ・ハイ』など多数のヒット作の脚本を手掛ける。

2003年、役所広司柄本明を主演に迎えた初監督作『油断大敵』にて第23回藤本賞新人賞[8]と第26回ヨコハマ映画祭新人監督賞[9]を受賞。翌年、『フライ,ダディ,フライ』で第20回高崎映画祭若手監督グランプリ受賞。

2012年、『八日目の蝉』にて第35回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞。同作は他に最優秀作品賞、最優秀脚本賞(奥寺佐渡子)、最優秀主演女優賞(井上真央)、最優秀助演女優賞(永作博美)、最優秀音楽賞(安川午朗)、最優秀撮影賞(藤澤順一)、最優秀照明賞(金沢正夫)、最優秀録音賞(藤本賢一)、最優秀編集賞(三條知生)の計10部門にて受賞[10]。さらに、芸術選奨文部科学大臣賞映画部門を受賞した。

2015年には『ふしぎな岬の物語』で第38回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞[11]。また同作で第38回モントリオール世界映画祭の審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞を受賞[12]

2017年の『ちょっと今から仕事やめてくる』公開後、胃がんで入院していたことを『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』(2020年2月14日公開)の制作時に告白した[13]

フィルモグラフィー[編集]

特記のないものは監督作品。

劇場作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 成島 出(なるしま いずる)監督への甲府市長特別賞の授与について - 甲府市
  2. ^ T.R.Y.スタッフ
  3. ^ 成島出監督~映画への熱き思い 映画に対する思い| 東映マイスター
  4. ^ a b c 成島出(なるしま・いずる)クリエイター・インタビュー PEOPLE / CREATOR
  5. ^ a b 映画『ソロモンの偽証』監督 成島 出さん - Creative Village
  6. ^ 『ちょっと今から仕事やめてくる』成島出監督インタビュー【PR】転職会議レポート
  7. ^ a b 『風を見た少年』 - WERDE OFFICE
  8. ^ 藤本賞 - 映画演劇文化協会
  9. ^ 第26回ヨコハマ映画祭 上映作品紹介
  10. ^ 八日目の蟬が作品賞など10部門で最優秀賞を受賞!
  11. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月16日閲覧。
  12. ^ 映画『ふしぎな岬の物語』第38回モントリオール世界映画祭 審査員特別賞グランプリ&エキュメニカル審査員賞 W受賞!東映 [映画] (2014年9月2日). 2014年9月8日閲覧
  13. ^ a b “大泉洋×小池栄子でドタバタ喜劇!成島出監督、胃がん乗り越え完成”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2019年9月8日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190908/geo19090806000006-n1.html 2019年11月24日閲覧。 
  14. ^ “福士蒼汰主演で「ちょっと今から仕事やめてくる」映画化、工藤阿須加や黒木華ら共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年7月29日). https://natalie.mu/eiga/news/196264 2016年7月29日閲覧。 

関連項目[編集]