成川武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

成川 武夫(なるかわ たけお、1919年4月28日 - )は、日本の哲学者東京藝術大学名誉教授。

京都府生まれ。東京帝国大学文学部哲学科卒。同大学院修士課程修了。東京藝術大学教授、83年定年退官、名誉教授。[1]

著書[編集]

  • 世阿弥花の哲学』玉川大学出版部 1980
  • 千利休茶の美学』玉川大学出版部 1983
  • 芭蕉とユーモア 俳諧性の哲学』玉川大学出版部 1999

共著

翻訳[編集]

  • ロバート・G.オルソン『実存主義入門』紀伊国屋書店 1966
  • カーステン・ハリーズ『現代芸術への思索 哲学的解釈』玉川大学出版部 1976

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年