成廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

成 廉(せい れん、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将。

正史の事跡[編集]

姓名 成廉
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 〔不詳〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 呂布
家族・一族 〔不詳〕

呂布側近の武人。呂布は長安から追われた後、袁紹と共に常山で張燕と戦った。この時の呂布は、僅か数十騎で1日に3・4回も張燕の本陣に突撃を行ったが、成廉と魏越は常に呂布の傍らにあったという。このような戦い振りを10日余り続けた末、ついに張燕の軍を撃破した。

建安3年(198年)10月、下邳曹操との野戦に参戦したが、呂布軍は敗北し成廉は捕虜にされた。これ以降、成廉に関する記述は見当たらない。

史書での成廉の記述は断片的だが、『後漢書』呂布伝では「健将」・『三国志』魏書呂布伝では「驍将」と書かれ、いずれも勇将ないしは猛将を意味する表現が冠せられている。

物語中の成廉[編集]

小説『三国志演義』では、呂布配下の八健将の1人(序列5位)として登場する。初戦で曹操を後一歩まで追い詰めるが、典韋に撃退され、最後は濮陽において楽進に弓で射殺されてしまう。

参考文献[編集]