成瀬こうき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

成瀬 こうき(なるせ こうき、1970年4月4日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団新専科の男役スター。

愛称は「おっちょん」「なるちゃん」。東京都目黒区出身。本名は西田 美樹(にしだ みき、西田は旧姓)、身長172cm、血液型O型。

来歴・人物[編集]

外科医の父のもと出生。東洋英和女学院高等部在学中宝塚歌劇に出会い、入団を決意。同高等部卒業時、武蔵野音楽大学進学が決まっていたが宝塚音楽学校受験・合格・入学。 入学時成績2番。 1991年宝塚歌劇団第77期生として入団。入団時の成績は40人中4番[1]。月組『ベルサイユのばら -オスカル編-』にて初舞台を踏み、翌1992年1月13日[1]月組に配属。同期生に安蘭けい春野寿美礼朝海ひかる花總まりなど。

1994年、最下級生で、ロンドン公演に参加。

1995年、『ハードボイルド・エッグ』の新人公演で初主演を果たす。

1997年、『ワン・モア・タイム』でバウホール公演初主演。

1998年雪組へ組替え。『The Wonbor Three』では、安蘭、朝海と同期三人で主演を務める。

2001年専科へ組替え。同年9月、世田谷パブリックシアター「DANCE GATHER Ing」へ外部出演。

2002年9月23日[1]、『追憶のバルセロナ/ON THE 5th』で宝塚歌劇団を退団。

2004年、充電期間を経て、女優として活動再開。

私生活では2006年11月1日に入籍。2008年5月11日に男の子を出産したことを、自身の公式ページで報告。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

月組時代[編集]

  • 1992年7月、『PUCK』新人公演:ダニー(本役:久世星佳)/『メモリーズ・オブ・ユー -懐かしき時代・美しき人々-』
  • 1992年9月、『高照らす日の皇子』(バウ・東京特別)藤原忍国
  • 1993年4月、『グランドホテル』新人公演:フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵(本役:久世星佳)/『BROADWAY BOYS
  • 1994年1月、『風と共に去りぬ』新人公演:ジョージ(本役:越はるき)
  • 1994年7月、『花扇抄』/『扉のこちら』/『ミリオン・ドリームズ』(ロンドン公演)
  • 1994年8月、『WANTED』(バウ・東京特別・名古屋特別)イリア
  • 1994年11月、『エールの残照』サティ軍曹/『TAKARAZUKA・オーレ』(東京宝塚劇場)
  • 1994年12月、『ローン・ウルフ』(バウ・東京特別)フィリップ・ワトソン
  • 1995年3月、『Beautiful Tomorrow!』(バウ)
  • 1995年4月、『結末のかなた』(バウ)ルージェール伯爵 アルセーヌ・ルパン
  • 1995年6月、『ハードボイルドエッグ』新人公演:アレックス(本役:天海祐希)/『EXOTICA!』(東京宝塚劇場) *新人公演初主演
  • 1995年8月、『ME AND MY GIRL』新人公演:ウィリアムス・スナイブスン(本役:天海祐希) *新人公演主演[2]
  • 1996年1月、『訪問者』(バウ・東京特別・)政吉/マルセル(2役)
  • 1996年3月、『CAN-CAN』新人公演:ヴィクトール・ジュサック(本役:真琴つばさ)/『マンハッタン不夜城 -王様の休日-
  • 1996年9月、『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-』ホフレ、新人公演:チェーザレ・ボルジア(本役:久世星佳)/『プレスティージュ*新人公演主演
  • 1996年12月、『バロンの末裔』新人公演:エドワード/ロレンス(2役)(本役:久世星佳)/『グランド・ベル・フォリー*新人公演主演
  • 1997年6月、『EL DORADO』カシム
  • 1997年9月、『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-』ルイ12世/『プレスティージュ』(全国ツアー)
  • 1997年12月、『ワン・モア・タイム! -グッバイ・ペパーミントナイト! part II-』(バウ)ロードバット *バウホール初主演
  • 1998年2月、『WEST SIDE STORY』アクション
  • 1998年8月、『ブエノスアイレスの風』(ドラマシティ・東京特別)ビセンテ
  • 1998年9月、『黒い瞳』ザルーピン/『ル・ボレロ・ルージュ』(大劇場)

雪組時代[編集]

専科時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

コンサート・ライブ[編集]

  • 2004年8月、「オペラシティミュージカル」トークショー
  • 2005年2月、「ブロードウェイガラコンサート」
  • 2005年11月、「入江薫コンサート」に出演
  • 2005年7月、ディナーショー「Etrangers〜」
  • 2006年1月、「エリザベート・ガラコンサート」
  • 2006年9月、ライブ「4 you」
  • 2016年9月、「麗人REIJIN Season2"Festa"」
  • 2016年12月、ライブ「Duo LIVE!!」
  • 2017年7月、「シャンソンの黄金時代2017」
  • 2017年8月、「NARU・SHIOのカフェトークライブ~春野寿美礼・朝海ひかるを迎えて~」
  • 2017年10月、「第31回 るたん・フェスティバル」
  • 2017年12月、「成瀬こうきトーク&ライブ」
  • 2018年5月、「2018 レジェンドたちのシャンソン」
  • 2018年8月、「TODOS DEL Tango VERANO 2018タンゴのすべて」
  • 2018年12月、「珠玉の名曲をあなたとともに」
  • 2019年2月、 ライブ「Buddy~友情~」
  • 2019年4月~5月 「レビューニッポン・モダンタイムス」
  • 2019年7月 逸翁コンサート えまおゆう×成瀬こうき~帰ってきたタカラジェンヌ~Vol.70

舞台[編集]

  • 2004年11月、東宝現代劇「東京駅」
  • 2005年5月、「Collected Storys」 *中村メイコと共演(二人芝居)
  • 2006年3月、「ミス・再婚」
  • 2018年1月、「月とサンポーレ!!」
  • 2018年10月、「月とサンポーレ!!」再演

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.103 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010
  2. ^ 第二部のみ。第一部は水夏希がウィリアムス役を務めた。
  3. ^ 安蘭・朝海と役替わり
  4. ^ 朝海と役替わり

https://www.facebook.com/profile.php?id=100013760012982