成瀬無極

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

成瀬 無極(なるせ むきょく、1885年4月26日 - 1958年1月4日)は、日本のドイツ文学者。京都帝国大学名誉教授。本名は清。

東京根岸生まれ。東京帝国大学独文科卒。1908年京都帝国大学講師、1919年助教授、1930年教授、1931年日本ゲーテ協会を創立。1945年4月定年退官、名誉教授。

ドイツ文学の研究、翻訳のほか、劇作、評論、随筆などで活躍した。「シュトルム・ウント・ドラング」を「疾風怒濤」と訳した人物とも言われる。

ドイツ史学者の成瀬治は息子[1]

著書[編集]

  • 極光 (春陽堂(現代文芸叢書) 1914年)
  • 文学に現れたる笑之研究 (東京宝文館 1917年)
  • 東山の麓より (大鐙閣 1918年)
  • 四十歳 (内外出版 1920年)
  • 東山夜話 (内外出版 1921年)
  • 近代独逸文芸思潮 (警醒社書店 1921年)
  • 最近独逸文学思潮 (表現社 1924年)
  • 夢作る人 (内外出版 1924年)
  • 偶然問答 (大鐙閣 1925年)
  • 疾風怒涛時代と現代独逸文学 (改造社 1929年)
  • 人生戯場 (政経書院 1934年)
  • 人間凝視 (評論集 政経書院 1934年)
  • 文芸百話 (第一書房 1934年)
  • 無極随筆 (白水社 1934年)
  • 人生案内 (甲文堂 1936年)
  • 南船北馬 (白水社 1938年)
  • 木の実を拾ふ (白水社 1940年)
  • 面影草 (北隆館 1947年)
  • 懺悔としての文学 (八代書店 1947年)
  • 文芸に現はれた人間の姿 (堀書店 1947年)
  • 疾風怒濤時代と近代独逸浪漫思潮 (慶友社 1949年)
  • 郁文堂小独和辞典 (佐藤通次共編 郁文堂出版 1956年)
  • 無極集 (法律文化社 1959年)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NetCommons「インタビュー:成瀬治氏に聞く/企画・聞き手・採録:橋場弦」、『クリオ = Clio : a journal of European studies』第1巻、1986年11月30日