成田幸平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
成田 幸平
Kohei Narita
Handball pictogram white.svg
ワクナガレオリック #5
ポジション LB
所属リーグ 日本の旗 日本ハンドボールリーグ
基本情報
日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 (1989-06-15) 1989年6月15日(29歳)
身長・体重 190 cm
90 kg
利き腕
出身 京都府立洛北高等学校
大阪体育大学
所属クラブ
クラブ
2012-2014 日本の旗 湧永製薬
2014-2016 ドイツの旗 フュクセ・ベルリン2
2016- 日本の旗 湧永製薬
代表歴
2008 日本の旗 日本 U-21
2013-  日本
受賞歴
日本の旗 日本ハンドボールリーグ
  • ベストセブン賞:2013年
  • フィールド得点賞:2013年
テンプレートを表示

成田 幸平(なりた こうへい、1989年6月15日 - )は、京都府京都市出身のハンドボール選手。日本ハンドボールリーグ湧永製薬所属。

経歴[編集]

大阪体育大学時代の2008年に第11回男子ジュニアアジア選手権の日本代表U-21に選出[1]

2012年2月に日本ハンドボールリーグ湧永製薬へ加入[2]2月25日に行われた北陸電力戦で初出場し、1得点を挙げた[3]

2013年に行われた第18回ヒロシマ国際ハンドボール大会で日本代表に選出された[4]

2013-14年シーズンはリーグ1位のフィールド得点を記録し、ベストセブンに選ばれた[5]。シーズン中の2014年1月には第16回男子アジア選手権の日本代表に選出[6]。大会では10得点を記録した[7]

2014年6月にドイツブンデスリーガフュクセ・ベルリンのセカンドチームへ移籍[8]

2015年にはリオデジャネイロオリンピック・アジア予選の日本代表に選出された[9]

2016-17年シーズンから湧永製薬へ復帰[10]。チームトップの66得点を挙げた[11]

2017-18年シーズンはリーグ7位となる116得点を記録[12]

2018-19年シーズン、2019年3月2日の大崎電気戦で通算400得点を達成[13]。同シーズンは106得点を挙げ、リーグ10位を記録した[14]

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

チーム 試合 フィールド
得点
7m 合計 警告 退場 失格
2011-12 湧永製薬 3 1/2 .500 0/0 1/2 0 0 0
2012-13 16 18/35 .514 0/0 18/35 3 2 0
2013-14 16 95/168 .565 0/0 95/168 5 7 0
2016-17 15 66/136 .485 0/0 66/136 4 7 0
2017-18 24 114/238 .479 2/2 116/240 8 8 0
2018-19 23 106/223 .475 0/0 106/223 9 7 0
JHL:6年 97 400/802 .499 2/2 402/802 29 31 0
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

  • ベストセブン賞:1回 (2013年)
  • フィールド得点賞:1回 (2013年)

記録[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

  • 通算400得点:2019年3月2日、対大崎電気戦(中区スポーツセンター)[15]

背番号[編集]

  • 5 (2012年 - 2014年、2016年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]