成田昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
成田 昇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 1948年6月9日(68歳)
身長
体重
180 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト11位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

成田 昇(なりた のぼる、1948年6月9日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手[1]

来歴・人物[編集]

愛知県立一宮商業高等学校から愛知工業大学へ入学し、1年生からエース。

愛知工業大学を2部から1部に昇格させる原動力になった。その昇格直後、榎本直樹がエースの中京大学を破り、成田旋風を巻き起こした。

2年生で中退したが、その間に通算18勝する。サイドからの速球とくに内角シュート、外角ナックル式の落ちる球は見るべきものがあり、制球力も良かった。

その後、西濃運輸を経て、1970年のプロ野球ドラフト会議でヤクルトアトムズから11位指名され入団。1軍の試合には出場することなく、1974年に引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 47 (1971年 - 1974年)

出典[編集]

  1. ^ B・B・MOOK284スポーツ・スピリット21シリーズ15「プロ野球ドラフト全史 2003年最新改訂版」205P、ベースボール・マガジン社、2004年、ISBN 978-4583612553