成田線複線化委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

成田線複線化推進委員会(なりたせんふくせんかすいしんいいんかい)は、成田線支線成田駅 - 我孫子駅間)の複線化を推進するために1996年平成8年)に創設された成田線支線周辺自治体議員による委員会である。

千葉県および茨城県の8市町(我孫子市柏市白井市印西市栄町成田市利根町河内町)で構成されている。

状況[編集]

委員会、沿線住民側
2015年(平成27年)度までに、成田線支線の部分複線化をするよう東日本旅客鉄道(JR東日本)に働きかけているほか、我孫子駅などに「もっと便利に 成田線」と書かれた立札を設置して、地域ぐるみでの請願運動を展開させようとしており、利用者の多くも列車本数の少なさに不満を抱いているが、大々的な増発・複線化の運動には発展していない。
JR東日本側
対してJR東日本は、バブル期に複線化の計画が持ち上がったこともあり新木駅 - 布佐駅間などに複線化用の用地を一部取得しているが、計画はバブル崩壊後立ち消えとなったため、用地は手付かずの更地になったままである。また、今後も大幅な乗客増が見込めないことなどから複線化は行わない予定である。沿線住民の不満は成田線の常磐線直通列車の増発で幾分改善されたといえる。

関連項目[編集]