成田達輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

成田 達輝(なりた たつき 1992年3月5日 - )は、日本のクラシック音楽と現代音楽のヴァイオリニスト

2019年8月現在、東京都在住。

略歴[編集]

青森県弘前市生まれ[1]。両親はともに青森の出身(父親は弘前市、母親は北津軽郡板柳町[1]。父親の転勤で、山形県山形市[2]北海道札幌市と移り、中学1年の時から群馬県前橋市で育った[3]。3歳の頃からヴァイオリンを始め、澤田まさ子、市川映子に師事[4]前橋市立箱田中学校時代は藤原浜雄に師事し、大きな影響を受けた[3]2006年第60回全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会第1位、2009年第78回日本音楽コンクール第2位。2010年桐朋女子高等学校音楽科(共学)を卒業。同年フランスに渡り、パリ市立13区音楽院を経て、パリ国立高等音楽院で学ぶ。在学中の2012年5月、エリザベート王妃国際音楽コンクールで第2位となる[5]

2012年現在ジャン=ジャック・カントロフ、スヴェトリン・ルセヴ、フローラン・シゲティ、藤原浜雄に師事[4]。これまで、日本フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団東京交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団群馬交響楽団大阪フィルハーモニー交響楽団札幌交響楽団仙台フィルハーモニー管弦楽団プラハ交響楽団山形交響楽団などと共演[4]した。

受賞歴[編集]

使用楽器[編集]

ストラディヴァリウス1711年製 "Tartini" (宗次コレクションより貸与)、および ガルネリ・デル・ジェス1738年製 "ex-William Kroll" (匿名の所有者より貸与)。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「国際コン2位 バイオリニスト成田さん 人生の先生に感謝込め 来月1日・弘前で演奏会 安藤さん古希祝う」 東奥日報、2018年6月28日朝刊20面。
  2. ^ 山形新聞」、2016年1月17日
  3. ^ a b バイオリニスト 成田達輝さん - 朝日新聞の姉妹紙 朝日ぐんま
  4. ^ a b c 日本モーツァルト協会 演奏者のご紹介・成田達輝
  5. ^ エリザベートコンクール:成田達輝さん快挙 バイオリン部門で2位 - 毎日新聞2012年5月28日東京朝刊