我妻学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わがつま まなぶ
我妻 学
生誕 1960年
東京都
出身校 早稲田大学法学部、一橋大学大学院法学研究科修士課程修了
職業 法学者

我妻 学(わがつま まなぶ、1960年 - )は、日本法学者。専門は民事訴訟法首都大学東京法科大学院教授。父は産婦人科医我妻堯で、民法学者我妻栄は祖父[1]

略歴[編集]

所属学会[編集]

  • 日本私法学会 (国内)
  • 日本医事法学会 (国内)
  • 日本民事訴訟法学会 (国内)

社会的活動[編集]

著書[編集]

  • 『イギリスにおける民事司法の新たな展開』東京都立大学出版会、2003年。ISBN 4925235311
  • 『医事紛争における裁判外紛争処理に関する基礎的研究』厚生労働科学研究費補助金医療技術評価総合研究事業、2004年。
  • 『医事紛争における裁判外紛争処理に関する研究』厚生労働科学研究費補助金医療技術評価総合研究事業、2005年。
  • 『民事裁判における弁護士費用敗訴者負担原則と権利保護保険の基礎的研究』首都大学東京、2006年
  • 『新訂 鑑定からみた産科医療訴訟』(我妻堯編著)日本評論社、2013年。ISBN 4535519331

脚注[編集]