戦国伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戦国伝承
ジャンル ベルトスクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 SNK
発売元 SNK
音楽 山手安生
清水敏夫
シリーズ 戦国伝承シリーズ
人数 1 - 2人(協力プレイ)
メディア Multi Video System
(8.19メガバイト
稼働時期 日本 199102121991年2月12日
対象年齢 日本 CEROB(12才以上対象)
アメリカ合衆国 ESRBT(13歳以上)
ヨーロッパ PEGI12
コンテンツ
アイコン
日本 暴力
アメリカ合衆国 Violence, Blood
ヨーロッパ Violence
デバイス 8方向レバー
4ボタン
CPU MC68000 (@ 12 MHz)
サウンド Z80 (@ 4 MHz)
YM2610 (@ 8 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
320×224ピクセル
59.19Hz
パレット4096色
その他 型式:NGM-017
テンプレートを表示

戦国伝承』(せんごくでんしょう)は、1991年SNKより稼働されたアーケードベルトスクロールアクションゲーム。日本国外名は『Sengoku』。

光の戦士の末裔である主人公を操作し、君主の残した予言による亡霊の復活を阻止するのを目的としている。

同年にネオジオ用ソフトとして発売された他、1993年にはスーパーファミコンメガCDに移植、1995年にはネオジオCD用ソフトとして発売された。ネオジオ版は2011年Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。

アーケード (MVS) 版は後にPlayStation 2およびPlayStation Portable用ソフト『SNKアーケードクラシックスVol.1』(2008年)、北米および欧州のみで発売されたWii用ソフト『SNK Arcade Classics Vol. 1』(2008年)に収録された。その他、2017年にはPlayStation 4ならびにXbox OneNintendo Switch用ソフトとしてアケアカNEOGEOにて配信された。

後に続編として『戦国伝承2』(1993年)、『戦国伝承2001』(2001年)が稼働された。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

主人公たちは「戦国武将の末裔の超戦士」で、かつて祖先が倒した残虐な君主の亡霊を倒すために戦う。

全6ステージだが、最終ステージのみ君主とのタイマン勝負になる。

本作のアイテムは様々な色の宝玉で、色によって効果が違う(刀を装備する、体力回復など)。

また、主人公たちは条件を満たすとニンジャ、サムライ、忍犬のいずれかに変身できる。

アイテム[編集]

緑の玉
10個集めることでライフが1ブロック回復する。
赤の玉
日本刀「暁(あかつき)」を装備。変身キャラクターは飛び道具が使用可能。一定時間で効果が消滅する。
青の玉
二刀流「双牙(そうが)」を装備。変身キャラクターは飛び道具が使用可能。一定時間で効果が消滅する。
紫の玉
聖剣「シリウス」を装備。変身キャラクターは飛び道具が使用可能。一定時間で効果が消滅する。
金の玉
貫通能力を持つ円月輪を発射可能。変身キャラクターは特殊飛び道具が使用可能。一定時間で効果が消滅する。

登場キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

400年前に闇の君主を討ち滅ぼした光の戦士の末裔。両者とも原作では名前が無い。

プレイヤー1
戦国武将の末裔の超戦士の一人で、赤いベストを着た日系人。変身キャラクターのパーソナルカラーは赤。好きな言葉は「努力」。
後述のスーパーファミコン移植版では「ダン・アクセル」という個人名がついている。
プレイヤー2
戦国武将の末裔の超戦士の一人で、カウボーイハットをかぶったアメリカ人。変身キャラクターのパーソナルカラーは青。好きな言葉は「義理」と「人情」。
後述のスーパーファミコン移植版では「ビル・レイモンド」という個人名がついている。

変身キャラクター[編集]

特定の敵を倒すことで戦闘中のプレイヤーに力を貸してくれる。状況に応じて任意に変身可能。変身活動時間は60秒。プレイヤーキャラクターに戻す事で、時間を少しずつだが回復させることが可能。ただし、変身できるのは第5ステージまで。最終面となる第6ステージでは、プレイヤーキャラクターが女神パミュラが変じた七支刀を持ってラスボスと直接対決する関係上、変身できない。

サムライ
デフォルトは刀による攻撃。アイテムを取ると刀から念砲を発射する。移動速度はとても遅い。
ニンジャ
デフォルトは素手で戦う。アイテムを取ると手裏剣を投げる。タメ撃ちは小人になって、当たり判定を小さくする。
忍犬
攻撃判定のある回転ジャンプが武器。アイテムを取ると飛び道具を撃つ。タメ撃ちは子犬をよびだす。

サポートキャラクター[編集]

特定の敵を倒したあとでプレイヤーに力を貸してくれる。

パミュラ
プレイヤーのライフを完全回復する女神。最終面では七支刀に変化してプレイヤーと共に戦う。
王武
プレイヤーに力を与える仙人。力を与えられたプレイヤーはタメ撃ち攻撃の念砲が使用可能になる(ゲームオーバーまで有効)。

敵キャラクター[編集]

雑魚キャラクター[編集]

忍者
最終面を除く全ステージに登場。子鬼と比べると小柄な体格で、片方の手甲に鉤爪をつけている。手裏剣を飛ばすこともある。
刀足軽
刀を持った長身の大男。前転しながら襲ってくることもある。
槍足軽
最終面を除く全ステージに登場。プレイヤーに向かって突進して、槍で突いてくる。
弓足軽
大きな弓を持ち、矢を飛ばしてくる。ステージ1とステージ5に登場。
子鬼
角を生やした小柄な男。飛び跳ねながら小太刀を振り回してくる。
由美一族
ステージ3からステージ5まで登場するくの一。プレイヤーにダッシュパンチやジャンプキックをお見舞いする。
鎧武者
最終面を除く全ステージに登場。刀を振り下ろして襲ってくる。刀をへし折られても素手で戦う。中にはプレイヤーめがけて突進してくる。
僧兵
棍棒で振り回して戦う大男。数珠を投げつけてくることもある。
巨漢兵士
青龍刀を持った肥満体型の男。ステージ2とステージ5に登場。
力士
素肌に羽織を着た男。虎戦車にまたがって現れてくる。ときどき四股を踏む。刀を持って登場することが多い。
河童
ステージ2とステージ4に登場する怪物。亀のように手足を引っ込めて体当たりすることもある。
石像
ステージ3のみに登場。当初は背景の石像にまぎれているが、プレイヤーが近づくと動き出す。所持する灯篭からビームを放ってくる。
大顔
ステージ4のみに登場。背景の壁画からいきなり飛び出してくるが、プレイヤーのパンチ一発で死ぬ。
ステージ5のみに登場。刀を使う裃姿の小姓。プレイヤーの攻撃をバク転で回避する。
闇姫
ステージ5のみに登場。小刀で斬りつけてくる着物の女。

中ボスキャラクター[編集]

歌舞伎役者
ステージ2に登場。背景の舞台から登場して、扇子を投げつけてくる。
風神
ステージ2に登場。雲に乗って飛びながら、自分の小さな分身を飛ばしてくる。
お菊
ステージ4に登場。画面半分を占める巨体の女妖怪。首が伸びて、プレイヤーにエネルギー弾を発射。ダメージを与えると顔が般若に変形する。

ボスキャラクター[編集]

忍将軍
名乗り「これより先は通すわけには行かぬ。覚悟!!
ステージ1のボス。ピョンピョン飛び跳ねて忍者刀で斬りつける。また火車を投げつける。ダメージを与えると変わり身の術で回避し、プレイヤーの反対方向に現れる。一度倒しても、第二形態に変身。第二形態は手裏剣も投げつけてくる。
後のステージで第一形態が中ボス、第二形態が雑魚キャラクターで登場する。
名乗り「わが殿のために、ここで消えるのじゃ。
ステージ2のボス。巫女服の女性で、回転しながら剣を振り下ろす。倒すと、狛犬らしき化け物に変身する。
後のステージで変身前が雑魚キャラクター、変身後がステージ4の中ボスで登場する。
将軍
名乗り「我らが大願成就のために、お前らは邪魔だ!いざ、勝負!!
ステージ3のボス。君主の配下の一人。刀による攻撃のほか、背中につけている羽を投げつけてくる。
大将軍
名乗り「敵ながら天晴れ。しかし、それもここまで。いざ、勝負!!
ステージ4のボス。君主の配下の一人。刀による攻撃のほか、プレイヤーにいる方向に念砲を発射。
霞三姉妹
名乗り「すでに、この世は我らの天下。そちたちは、ここで果てるがいい!
ステージ5のボス。由美一族のリーダー。一定のダメージで三姉妹の合体忍法で玄武に変身。プレイヤーのいる方向にエネルギー弾を発射。
君主
名乗り「はっはっはっ。阿修羅神の復活じゃ!そしてわしは闇の王となるのじゃ!
戦闘中「どうじゃ、わしの配下にならぬか?どんな望みもかなえようぞ。
君主死亡「グワーッ!時は来た!阿修羅神の復活じゃー!!
最終ボス。400年前に主人公の前世に滅ぼされ、阿修羅神と同化し現在によみがえった悪しき君主。最終面ではプレイヤーは素手で戦わず、七支刀での剣戟バトルになる。第一形態の君主はガードが固い。倒しても、阿修羅神に変身し、プレイヤーめがけて誘導念砲を発射するなど更なる激しい攻撃を繰り広げる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 戦国伝承 日本 199107011991年7月1日
アメリカ合衆国 1991年
ネオジオ SNK SNK ロムカセット NGH-017
2 戦国伝承 日本 199309191993年9月19日
スーパーファミコン データイースト データイースト 8メガビットロムカセット SHVC-G5
3 戦国伝承 日本 199312281993年12月28日
メガCD SNK サミー CD-ROM T-24034
4 戦国伝承 日本 199503171995年3月17日
アメリカ合衆国 1995年
ネオジオCD SNK SNK CD-ROM NGCD-017
5 SNKアーケードクラシックスVol.1 アメリカ合衆国 200804292008年4月29日
ヨーロッパ 200809202008年9月20日
日本 200905212009年5月21日
PlayStation 2
PlayStation Portable
Terminal Reality
アルファ電子
SNK
SNK PS2:DVD-ROM
PSP:UMD
PS2:アメリカ合衆国 SLUS-21724
ヨーロッパ SLES-55232
PSP:アメリカ合衆国 ULUS-10338
ヨーロッパ ULES-01105
日本 ULJS-193
日本ではPSP版のみ発売
6 SNK Arcade Classics Vol. 1 アメリカ合衆国 200807222008年7月22日
ヨーロッパ 200811282008年11月28日
Wii Terminal Reality
アルファ電子
SNK
SNK Wii用12センチ光ディスク アメリカ合衆国 RVL-P-RNCE
ヨーロッパ RVL-P-RJZP
7 戦国伝承 日本 201111012011年11月1日
アメリカ合衆国 201304252013年4月25日
ヨーロッパ 201307252013年7月25日
Wii SNK D4エンタープライズ ダウンロード
バーチャルコンソール
- ネオジオ版の移植
8 戦国伝承 INT 201703162017年3月16日
PlayStation 4
Xbox One
ハムスター ハムスター ダウンロード
アケアカNEOGEO
- MVS版の移植
9 戦国伝承 INT 201706152017年6月15日
Nintendo Switch ハムスター ハムスター ダウンロード
(アケアカNEOGEO)
- MVS版の移植
スーパーファミコン版
登場キャラクターの大半はグラフィックを変更され、連続技からの投げ技や掴み投げが追加など、システムも『ファイナルファイト』に近い内容になった。ネオジオ版には無かったボーナスゲームもある。
名無しだったプレイヤーキャラクターに個人名が付けられ、1P側の日系人が「ダン」、2P側のアメリカ人が「ビル」となっている。敵キャラクターも一部を除いて変更された。
メガCD版
2人同時プレイが削除された以外はネオジオ版とほぼ同じ。

スタッフ[編集]

アーケード版
  • プロデュース:YANBARU
  • プログラム:SHINCHAN-SSS、OH!BUTCH
  • サウンド:TATE NORIO(山手安生)、SHIMIZUM(清水敏夫)
  • ピクチャー:U-RAKUCHOU、MAROHIE、MIC-SENBEY、CHULIP-NAO、DADAMUSI、SICK OF
  • ゲーム・アシスト:DIRTY-H-MIYAKAMI、PHANTOM IWATA、HTMS-SUGIMORI
  • ディレクト:TAMA、MOOMIN
スーパーファミコン版
  • エグゼクティブ・プロデューサー:福田哲夫
  • プロデューサー:野口正登
  • ディレクター、ゲーム・デザイン:ひらいわひろかず
  • グラフィック・デザイン
    • 背景デザイナー:いけはたかずよし
    • オブジェクト・デザイナー:ふくにしまさたか
  • 音楽:きどおさむ
  • 音楽アシスタント:さかもとたけし
  • チーフ・プログラマー:植木正好
  • プログラマー:後藤誠、MR.BEAR
メガCD版
  • プロデュース:すずきみのる
  • プログラマー:河野高典、大野正治
  • サウンド:TATE NORIO(山手安生)、SHIMIZUM(清水敏夫)、八尾吉一
  • ピクチャー:U-RAKUCHOU、MAROHIE、MIC-SENBEY、CHULIP-NAO、DADAMUSI、SICK OF、たちばなきょうこ、SADAMON、井口純之
  • ゲーム・アシスト:さいとうりょう、たけなかひろし、いといやすひさ
  • ディレクト:大野正治

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games90/100点 (NG)[1]
Electronic Gaming Monthly4.4/10点 (SFC)[2]
ファミ通18/40点 (SFC)[3]
20/40点 (MCD)[4]
19/40点 (NEOCD)[5]
NintendoLife7/10stars (Wii)[6]
Power Unlimited8.5/10点 (NG)[7]
ファミリーコンピュータMagazine18.6/30点 (SFC)[8]
メガドライブFAN19.4/30点 (MCD)[9]
BEEP!メガドライブ23/40点 (MCD)[10]
スーパーファミコン版
ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・4・5・3の合計18点(満40点)[3]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.6点(満30点)となっている[8]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.2 3.2 3.0 3.2 3.2 2.9 18.6
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリーは「あなたは異なるタイプの戦士になることができ、面白いコンセプトはある。だが協力することはできない」として4.4/10のスコアを与えた[2]
メガCD版
ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・3・6・5の合計20点(満40点)[4]、『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.4点(満30点)となっている[9]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.2 3.3 3.0 3.2 3.3 3.4 19.4
ゲーム誌『BEEP!メガドライブ』の「BEメガ・ドッグレース」では7、5、5、6の23点(平均5.75点)[10]。レビュアーは「サウンドが珍しく豪華で後発のサムライスピリッツのような怪しい和風感覚がたまらずいろんな姿に変身できるのがユニークで移植度は高いが、バランスの悪さもそのままでタメ技が今一つでアクションが力押しになる大味さ、絵が薄っぺらい」、「台詞が多いがメーカー社員であろう声が棒読みで変えて欲しかった」、「コンティニュー時にキャラ変更を可能にして欲しかった、2Pプレイが欲しかった」、「万人向けではなくわかる人にはわかるが元が古い作品なだけあってSFC版よりはいいが今更感がつきまとう」と、移植度に関しては肯定的に評価したものの、ゲーム性、ゲームシステム、発売時期に関して否定的に評価している[10]

続編[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Computer & Video Games, January '92. Computer & Video Games. (January 1992). p. 38. https://archive.org/stream/Computer_Video_Games_Issue_122_1992-01_EMAP_Publishing_GB/Computer__Video_Games_Issue_122_1992-01_EMAP_Publishing_GB#page/n37 2017年7月21日閲覧。. 
  2. ^ a b “Review Crew: Sengoku”. Electronic Gaming Monthly (EGM Media, LLC) (56): p. 34. (1994年3月) 
  3. ^ a b 戦国伝承 まとめ [スーパーファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2017年12月24日閲覧。
  4. ^ a b 戦国伝承 まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2017年12月24日閲覧。
  5. ^ NEO GEO GAMES CROSS REVIEW: 戦国伝承. Weekly Famicom Tsūshin. No.332. Pg.25. 28 April 1995.
  6. ^ Sengoku for Wii (2013)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年12月24日閲覧。
  7. ^ Sengoku for Neo Geo (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年12月24日閲覧。
  8. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 303頁、 ASIN B00J16900U
  9. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 854頁、 ASIN B00J16900U
  10. ^ a b c 「BEメガ・ドッグレース」『BEEP!メガドライブ』、ソフトバンク、1994年2月、 19頁。