戦極G!杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
戦極G!杯
開始年 2009年
主催 ワールドビクトリーロード
テンプレートを表示

戦極G!杯(せんごくゴールドカップ)は、戦極が次世代のファイターの発掘および若手選手育成のために開催された大会である。

概要[編集]

バンタム級(60kg以下)、フェザー級(65kg以下)、ライト級(70kg以下)各階級4名の選手によるトーナメント戦が開催された。

準決勝は2009年6月に報道陣および観客なしの道場マッチ(プロ戦績には含まれない非公式戦)で行われ、決勝は2009年8月に開催された戦極 〜第九陣〜のオープニングファイトとして行われた。バンタム級は小森亮介、フェザー級は大澤茂樹、ライト級は臼田育男がそれぞれ優勝した。大会の模様は、テレビ東京最強格闘技・戦極G!』内で放送された。

2009年7月23日には、韓国ソウルで『戦極G!杯 韓国大会』が開催され、3階級で王者が決定した。

2009年9月23日、戦極 〜第十陣〜のオープニングファイトで日本王者 vs. 韓国王者の対抗戦が行なわれ、2勝1敗で日本が勝ち越した。

戦極G!杯[編集]

準決勝[編集]

2009年6月、P's LAB横浜

試合結果[編集]

戦極G!杯 バンタム級 準決勝 5分2R
日本の旗 小森亮介 vs. 日本の旗 竹中慎 ×
1R 2:06 ヒールホールド
※小森が決勝進出。
戦極G!杯 バンタム級 準決勝 5分2R
日本の旗 沼尻健 vs. 日本の旗 遠藤大翼 ×
1R 0:54 スピニングチョーク
※沼尻が決勝進出。
戦極G!杯 フェザー級 準決勝 5分2R
日本の旗 大澤茂樹 vs. 日本の旗 岸貴之 ×
2R終了 判定3-0
※大澤が決勝進出。
戦極G!杯 フェザー級 準決勝 5分2R
日本の旗 原井徹 vs. 日本の旗 山内慎人 ×
2R終了 判定2-1
※原井が決勝進出。
戦極G!杯 ライト級 準決勝 5分2R
日本の旗 安藤晃司 vs. 日本の旗 丸山航平 ×
1R 4:20 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ)
※安藤が決勝進出。
戦極G!杯 ライト級 準決勝 5分2R
日本の旗 臼田育男 vs. 日本の旗 岡澤弘太 ×
2R 4:08 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの膝蹴り)
※臼田が決勝進出。

外部リンク[編集]

決勝[編集]

試合結果[編集]

戦極G!杯 バンタム級 決勝戦 5分2R
日本の旗 小森亮介 vs. 日本の旗 沼尻健 ×
1R 3:25 KO(左フック)
※小森が戦極G!杯バンタム級 優勝。
戦極G!杯 フェザー級 決勝戦 5分2R
日本の旗 大澤茂樹 vs. 日本の旗 原井徹 ×
1R 4:24 TKO(レフェリーストップ:右ストレート→パウンド
※大澤が戦極G!杯フェザー級 優勝。
戦極G!杯 ライト級 決勝戦 5分2R
日本の旗 臼田育男 vs. 日本の旗 安藤晃司 ×
2R終了 判定3-0(20-19、20-19、20-20※臼田優勢)
※臼田が戦極G!杯ライト級 優勝。

外部リンク[編集]

トーナメント表[編集]

バンタム級[編集]

準決勝
道場マッチ
決勝
戦極 〜第九陣〜
     
 日本の旗 小森亮介 一本
 日本の旗 竹中慎      日本の旗 小森亮介 KO
   日本の旗 沼尻健  
 日本の旗 沼尻健 一本  
 日本の旗 遠藤大翼      

フェザー級[編集]

準決勝
道場マッチ
決勝
戦極 〜第九陣〜
     
 日本の旗 大澤茂樹 判定
 日本の旗 岸貴之      日本の旗 大澤茂樹 TKO
   日本の旗 原井徹  
 日本の旗 原井徹 判定  
 日本の旗 山内慎人      

ライト級[編集]

準決勝
道場マッチ
決勝
戦極 〜第九陣〜
     
 日本の旗 安藤晃司 TKO
 日本の旗 丸山航平      日本の旗 安藤晃司  
   日本の旗 臼田育男 判定
 日本の旗 臼田育男 TKO  
 日本の旗 岡澤弘太      

戦極G!杯 韓国大会[編集]

2009年7月23日、バンタム級(60kg以下)、フェザー級(65kg以下)各4人、ライト級(70kg以下)2人の選手によるトーナメント戦が開催された。

日本での戦極G!杯に出場した岸貴之も日本から参戦した。バンタム級はチョ・ナンジン、フェザー級はキム・ギヒョン、ライト級はベク・ウヒョンがそれぞれ優勝した。大会の模様は、テレビ東京『最強格闘技・戦極G!』内で放送された。

1回戦[編集]

試合結果[編集]

戦極G!杯 韓国大会 バンタム級 1回戦 5分2R
韓国の旗 ソ・ジェヒョン vs. 韓国の旗 イ・キルウー ×
1R 1:52 チョークスリーパー
※ジェヒョンが決勝進出。
戦極G!杯 韓国大会 バンタム級 1回戦 5分2R
韓国の旗 チョ・ナンジン vs. 韓国の旗 ガン・シンヒョク ×
1R 0:29 TKO(レフェリーストップ:肩の負傷)
※ナンジンが決勝進出。
戦極G!杯 韓国大会 フェザー級 1回戦 5分2R
韓国の旗 キム・ギヒョン vs. 韓国の旗 ユン・ソンフン ×
1R 0:45 腕ひしぎ十字固め
※ギヒョンが決勝進出。
戦極G!杯 韓国大会 フェザー級 1回戦 5分2R
韓国の旗 キム・ジンヒョン vs. 日本の旗 岸貴之 ×
1R 2:50 KO(右フック)
※ジンヒョンが決勝進出。

決勝[編集]

試合結果[編集]

戦極G!杯 韓国大会 バンタム級 決勝戦 5分2R
韓国の旗 チョ・ナンジン vs. 韓国の旗 ソ・ジェヒョン ×
2R 2:06 TKO(レフェリーストップ:踏みつけ)
※ナンジンが戦極G!杯韓国大会バンタム級 優勝。
戦極G!杯 韓国大会 フェザー級 決勝戦 5分2R
韓国の旗 キム・ギヒョン vs. 韓国の旗 キム・ジンヒョン ×
1R 4:38 TKO(レフェリーストップ:タオル投入)
※ギヒョンが戦極G!杯韓国大会フェザー級 優勝。
戦極G!杯 韓国大会 ライト級 決勝戦 5分2R
韓国の旗 ベク・ウヒョン vs. 韓国の旗 パク・チェルヒョン ×
1R 1:13 チョークスリーパー
※ウヒョンが戦極G!杯韓国大会ライト級 優勝。

トーナメント表[編集]

バンタム級[編集]

準決勝 決勝
     
 韓国の旗 ソ・ジェヒョン 一本
 韓国の旗 イ・キルウー      韓国の旗 ソ・ジェヒョン  
   韓国の旗 チョ・ナンジン TKO
 韓国の旗 チョ・ナンジン TKO  
 韓国の旗 ガン・シンヒョク      

フェザー級[編集]

準決勝 決勝
     
 韓国の旗 キム・ギヒョン 一本
 韓国の旗 ユン・ソンフン      韓国の旗 キム・ギヒョン TKO
   韓国の旗 キム・ジンヒョン  
 韓国の旗 キム・ジンヒョン KO  
 日本の旗 岸貴之      

ライト級[編集]

決勝
   
 韓国の旗 ベク・ウヒョン 一本
 韓国の旗 パク・チェルヒョン