戦極 Soul of Fight

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦極 Soul of Fight
イベント詳細
シリーズ SRC
主催 ワールドビクトリーロード
日本レスリング協会
開催年月日 2010年12月30日
開催地 日本の旗 日本
東京都江東区
会場 有明コロシアム
開始時刻 午前11時
試合数 全28試合
放送局 スカパー!
イベント時系列
SRC15 戦極 Soul of Fight

戦極 Soul of Fight(せんごく ソウル オブ ファイト)は、日本総合格闘技団体「SRC」の大会の一つ。2010年12月30日東京都江東区有明コロシアムで開催された。

大会概要[編集]

主催はワールドビクトリーロード日本レスリング協会で、K-1DREAMを主催するFEGの協力も受けた。総合物流会社のセンコーが冠スポンサーに就き、「センコー presents 戦極 Soul of Fight」として開催。

前半15試合は立ち技や着衣、女子の試合を組み、後半13試合はSRCルールの「SRC16」を始めSRC vs. DREAM交流戦、その他スペシャルマッチを盛り込んだバラエティ豊かな興行となった。

SRCとしては初の年末大型興行となるが、「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜」とのバッティングとなる大晦日を避けて30日の開催とした。

試合結果[編集]

第1試合 SRCジャケットルール ライト級 5分1R
日本の旗 山田崇太郎 vs. 大韓民国の旗 キム・イサク ×
1R 1:40 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第2試合 SRCジャケットルール 59kg契約 5分1R
日本の旗 清水清隆 vs. 日本の旗 杉田一朗 ×
1R終了 判定2-1(10-9、9-10、10-9)
第3試合 SRCジャケットルール ライト級 5分1R
日本の旗 坂口征夫 vs. 大韓民国の旗 ジョン・ジンソ ×
1R終了 判定3-0
第4試合 戦極キックボクシングルール ライト級(61.23kg契約) 3分2R
日本の旗 田中雄士 vs. 日本の旗 池上大将 △
2R終了 判定1-0
第5試合 戦極キックボクシングルール 70kg契約 3分3R
日本の旗 池井佑丞 vs. 日本の旗 松倉信太郎 ×
2R 0:48 KO(左膝蹴り)
第6試合 戦極キックボクシングルール 70kg契約 3分3R
日本の旗 山内佑太郎 vs. 日本の旗 横山剛
3R終了 判定1-1(30-29、29-30、29-29)
第7試合 戦極ムエタイルール 52kg契約 3分5R
日本の旗 藤原あらし vs. 日本の旗 江幡睦 ×
5R終了 判定3-0(50-47、49-47、50-47)
第8試合 戦極ムエタイルール ライト級(61.23kg契約) 3分5R
タイ王国の旗 カノンスック・ウィラサクレック vs. 日本の旗 山本元気 ×
5R終了 判定3-0(50-48、50-47、49-47)
第9試合 戦極ムエタイルール 73kg契約 3分3R
日本の旗 宮本武勇志 vs. 日本の旗 小又大貴 △
3R終了 判定1-0(29-28、29-29、29-29)
第10試合 戦極キックボクシングルール ヘビー級(86.18kg超) 3分3R
日本の旗 小澤和樹 vs. 大韓民国の旗 イ・チャンソブ ×
1R 2:55 KO(パンチ連打)
第11試合 戦極ムエタイルール ヘビー級(86.18kg超) 3分3R
ブラジルの旗 ファビアーノ・サイクロン vs. ニュージーランドの旗 アンドリュー・ペック ×
2R 2:08 TKO(ドクターストップ:カット)
第12試合 戦極ムエタイルール ミニフライ級(47.62kg契約) 2分5R
日本の旗 神村エリカ vs. 日本の旗 ちはる ×
2R 0:38 TKO(ドクターストップ:カット)
第13試合 SRCレディースルール 48.0kg契約ワンマッチ 5分2R
日本の旗 瀧本美咲 vs. アメリカ合衆国の旗 エイミー・デイビス ×
2R終了 判定2-1(20-19、20-20(デイビス)、19-19(瀧本))
第14試合 VALKYRIE提供試合 無差別級ワンマッチ 3分3R
日本の旗 中井りん vs. 日本の旗 HARI ×
1R 2:09 アームロック
第15試合 SRCレディースルール 61.0kg契約ワンマッチ 5分2R
日本の旗 赤野仁美 vs. アメリカ合衆国の旗 ロクサン・モダフェリ ×
不戦勝(ドクターストップ)
第16試合 SRC16 SRCバンタム級ASIAトーナメント2010 準決勝 5分2R
日本の旗 清水俊一 vs. 日本の旗 井上学 ×
2R終了 判定3-0(20-20(清水)、19-19(清水)、20-19)
第17試合 SRC16 SRCバンタム級ASIAトーナメント2010 準決勝 5分2R
日本の旗 中原太陽 vs. 日本の旗 田村彰敏 ×
1R 2:07 失格(ローブロー)
第18試合 SRC16 SRCヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デイブ・ハーマン vs. 日本の旗 中尾"KISS"芳広 ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-27、30-27)
第19試合 SRC16 SRCミドル級ワンマッチ 5分3R
ポーランドの旗 マメッド・ハリドヴ vs. 日本の旗 佐々木有生 ×
1R 2:22 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第20試合 SRC16 SRCライト級ワンマッチ 5分3R
モンゴルの旗 ジャダンバ・ナラントンガラグ vs. 日本の旗 横田一則 ×
1R 2:03 KO(左フック)
第21試合 SRC16 SRCウェルター級グランプリシリーズ2010 決勝戦 5分3R
日本の旗 中村K太郎 vs. スイスの旗 Yasubei榎本 ×
2R 3:48 チョークスリーパー
※中村がグランプリ優勝。
第22試合 SRC vs. DREAM 交流戦 ライト級ワンマッチ 5分3R
ベネズエラの旗 真騎士 vs. 大韓民国の旗 パーキー ×
3R終了 判定3-0(29-29(真騎士)、30-30(真騎士)、29-29(真騎士))
第23試合 SRC vs. DREAM 交流戦 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 奥野"轟天"泰舗 vs. 日本の旗 長南亮 ×
1R 0:19 KO(右フック)
第24試合 SRC vs. DREAM 交流戦 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 前田吉朗 vs. 日本の旗 金原正徳 ×
1R 1:27 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第25試合 戦極 Soul of Fightスペシャルマッチ SRCレディースルール 53.5kg契約 5分3R
日本の旗 藤井惠 vs. 日本の旗 藤野恵実 ×
3R終了 判定3-0(30-29、30-27、30-28)
第26試合 戦極 Soul of Fightスペシャルマッチ 戦極キックボクシングルール 70.0kg契約 3分3R
タイ王国の旗 ブアカーオ・ポー.プラムック vs. 日本の旗 中島弘貴×
3R終了 判定3-0(30-28、30-27、30-28)
第27試合 戦極 Soul of Fightスペシャルマッチ SRCミドル級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 三崎和雄 vs. メキシコの旗 マイク・シール ×
1R 1:15 TKO(レフェリーストップ:バックマウントパンチ
第28試合 SRC16 SRCフェザー級チャンピオンシップ 5分5R
日本の旗 日沖発 vs. ブラジルの旗 マルロン・サンドロ ×
5R終了 判定3-0(49-47、48-47、50-43)
※日沖が王座獲得に成功。

放送[編集]

15:00までを第一部、15:00以降(SRC16・スペシャルマッチ)を第二部に分け、第一部はFIGHTING TV サムライスカパー!e2はch804「サムライ2シリーズ」)、第二部はスカチャン(スカパー!HDはch191、スカパー!SDはch162、スカパー!e2はch801)で生中継した(リレー放送)。第一部は無料放送、第二部は3,150円のPPV

スカチャンの解説は郷野聡寛武田幸三

関連項目[編集]