戦笠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦笠
各種表記
ハングル 전립
漢字 戰笠
発音 チョンニプ
日本語読み: せんりゅう
ローマ字 jeonnip
テンプレートを表示
李氏朝鮮兵の装束を再現したもの。被っているのが戦笠である。

戦笠(せんりゅう)は、中国朝鮮において武官が着用した帽子である。その材質から氈笠(せんりゅう)ともいう。

フェルト製もしくは毛皮製のつば広の帽子である。

その原型は宋代の装束にあると思われ、中国ではの武官により着用されはじめた。元を打倒したでも武官の装束として使用され続けたが、が中国全土を制圧した後、満州人の装束が選択されたことから、中国では廃れることとなる。

朝鮮では西北地域の武官に使用されていたというが、17世紀までは全国的なものでなかった。1618年、明よりの要請で、光海君姜弘立率いる1万3000の兵を後金(満州)へ出征させたが、この時より各地の武官へ流行したという。その後1627年、後金による侵攻(丁卯胡乱)では、全武官が着用するようになった。以後は19世紀末まで使用され続けた。

参考文献[編集]

  • 金英淑、孫敬子 『朝鮮王朝韓国服飾図録』 臨川書店、1984年。