戦車撃破章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戦車撃破章
Panzervernichtungsabzeichen
Wehrmacht Panzervernichtungsabzeichen.jpg
Flag of the NSDAP (1920–1945).svgドイツ国による賞
種別 勲章
対象戦役 第二次世界大戦
状態 擲弾等による戦車の破壊
歴史・統計
創設 1942年3月9日
総授与数 金章:400
銀章:18,000
Wehrmacht H OR1-Kanonier-Sturmgeschütz 1945.jpg
右腕に戦車撃破章金章・銀章を着用したドイツ兵のマネキン

戦車撃破章(せんしゃげきはしょう、ドイツ語: Sonderabzeichen für das Niederkämpfen von Panzerkampfwagen durch Einzelkämpferドイツ語: Panzervernichtungsabzeichen)は、ナチス・ドイツの勲章。

概要[編集]

戦車撃破章を授与されるグロースドイッチュラント師団の兵士

1942年3月9日アドルフ・ヒトラーにより制定された戦車撃破章は、擲弾など携行可能な火器を用いて戦車を撃破した者に授与された。1941年6月22日までさかのぼったバルバロッサ作戦等も授与の対象とされた。

1943年12月18日には戦車撃破章金章が制定され、5輌撃破で金章が授与されるようになった[1]。それまでは1輌撃破ごとに銀章が与えられていたが、これを機に今までの銀章も5枚で金章1枚と交換することが可能となった。

デザイン[編集]

製造業者によって若干の差異があるが、横88mm・縦33mmの長方形リボンの真ん中に、プレス成型された横42mm・縦18mmのIV号戦車バッジが取り付けられている。また、リボンの上下ともに2mmの箇所に幅4mmの線が横に走っている。リボンの裏側には2本ないし3本のピンがあり、これらを上衣の右上腕部に突き通し、裏側から留め具で固定することで佩用した。

著名な受章者[編集]

ヨハン・ルッツ(本項リストではヨハネス・ルッツと表記)少尉に戦車撃破章金章を授与する旨を記した第116装甲師団長の命令書
名前 写真 撃破数 備考
ギュンター・フィーツェン 21
フリードリヒ・アンディング英語版 18
ハインツ・ヘウアー英語版 13 すべてベルリンの戦いの最中に撃破
アドルフ・パイヒル 11
ウジェーヌ・ヴォロ 10 フランス人初の騎士鉄十字章受章者
ヨハネス=マティアス・ヘーンシャイト英語版 Bundesarchiv Bild 146-2006-0091, Hanns Hönscheid.jpg 7
ヘルマン・ドロップマン英語版 5
ペーター・キースゲン 5
ミヒャエル・ペシンガー英語版 5
ヨハネス・ルッツ英語版 5 ヒュルトゲンの森の戦いの際、1日でアメリカ戦車を5輌撃破
ボード・シュプランツ英語版 4
ヨーゼフ・ベックマン英語版 4
ハインリヒ・アーレンス英語版 4
ハンス=ゲオルク・ボルク英語版 4
ヴァルター・クーン英語版 4 20分間で4輌のソ連戦車を破壊
フランツ・ベーケ Franz Bäke.jpg 3
ハンス・ドア英語版 2
ジルヴェスター・シュタッドラー英語版 Bundesarchiv Bild 101III-Zschaeckel-192-24A, Russland, Sylvester Stadler.jpg 2
マックス・レック 2
ギュンター=エーベルハルト・ヴィスリツェニー Bundesarchiv Bild 101III-Zschaeckel-210-08, Günther-Eberhard Wisliceny.jpg 2
カール・アウエル英語版 1
エルンスト=ギュンター・バーデ Bundesarchiv Bild 101I-315-1110-09, Ernst-Günther Baade (cropped).jpg 1
ルドルフ・デメ英語版 1
ハインツ=ゲオルク・レム英語版 1
ヴェルナー・ママート英語版 Bundesarchiv Bild 183-B28046, Werner Mummert.jpg 1
ヨアヒム・パイパー Bundesarchiv Bild 183-R65485, Joachim Peiper.jpg 1
テオドール・トルスドルフ英語版 1

脚注[編集]

  1. ^ Tank Destruction Badge