戦闘情報収集科 (イスラエル国防軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦闘情報収集科
Flag of the Israeli Field Intelligence Corps.svg
戦闘情報収集科の旗
 
国籍 イスラエルの旗 イスラエル
軍種 地上軍
任務 情報収集、偵察
規模 5個大隊、および訓練施設、司令部

戦闘情報収集科 (英語: Combat Intelligence Collection Corps, ヘブライ語: חיל האיסוף הקרבי‎) は、2000年に編成されたイスラエル陸軍指揮下の5つの戦闘兵科の一つである。


概要[編集]

イスラエル国防軍の戦闘情報収集能力は従来から優れたものだったが、さまざまな部隊や組織が独自に情報収集を行っていたため効率が良いとは言えなかった。このためイスラエル軍は情報収集を専門に行う組織として2000年に野戦情報科(英語: Field Intelligence Corps, ヘブライ語: חיל מודיעין השדה‎) を編成し、2009年に現在の名称に変更された[1][2]

野戦情報科の直接の前身(母体)となったのは、1993年に編成された"標的野戦情報部隊ヘブライ語版" (Target Field Intelligence Unit, 別名"YAHMAM"あるいは"ニツァン部隊")である。この部隊は主にレバノン南部やゴラン高原方面で活動する参謀本部直轄部隊であり、また砲兵科英語版の指揮も受けていた。

編成[編集]

現在、戦闘情報収集科は以下の部隊より構成されている。

上記のうち、第414"ネシェル"大隊、第636"ニツァン"大隊、第869"シャハフ"大隊は長年の経験を積んだベテラン部隊で、特殊部隊に分類される[3]

また、第595"アヒト"大隊、第869"シャハフ"大隊は現在も北部軍において"標的野戦情報部隊ヘブライ語版"と呼ばれる特殊部隊を構成しているとされる。

出典[編集]

  1. ^ Cohen, Gili (July 24, 2009). “Start Learning: Instead of Field Intelligence – Combat Intelligence Collection Corps” (ヘブライ語). Bamahane (2998): 15. 
  2. ^ Ben Dror, Arnon (2009年3月25日). “With God's Help: Field Intelligence Corps will be Renamed to Combat Intelligence Collection Corps” (he). Israel Defense Forces. 2009年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年7月23日閲覧。
  3. ^ isayeret.com Combat Intelligence Collection Corps Special Forces Overview

関連項目[編集]