截拳道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
截拳道
ジークンドー
JeetKuneDo.svg
別名 截拳道, Jeet Kune Do, ジークンドー
使用武器 無し(ただし、敵から武器を取り上げて使用するということは状況によってはありえる)
創始者 李振藩
源流 詠春拳を基本とした振藩功夫
また、ボクシングキックボクシングフェンシングサバット柔道空手道跆拳道レスリングなど、様々な武道武術格闘技を参考にしている。
主要技術 目突きや金的等による急所攻撃・打撃
テンプレートを表示

截拳道(ジークンドー、中国語: 截拳道、粤拼: zit6kyun4dou6)は、俳優武道家ブルース・リー哲学。武道のみならず、人間としての生き方を表す思想である。英語ではJeet Kune Do、Jeet kwun daoと書く(広東語発音を英語に当てた表記)。リー自身が使ったように、頭文字をとってJKDと呼ばれることもある。

1960年代ブルース・リーは、アメリカ詠春拳を基本とした振藩功夫(ブルース・リー式グンフー)を教えていたが、ロサンゼルスに移ってからさらに実戦的な武術を模索して研鑽・実践を重ねていき、1966年にその名称を截拳道とした[1][2]。「相手の拳(攻撃)を截(たつ、防ぐ、さえぎる)道(方法、ダオ)」という意味であるが、これは「敵を倒す」という武術としての側面を表すとともに「生きていく上で直面する障害を乗り越える方策・智恵」も示したものでもある。リーは東洋哲学、特に古代禅仏教老荘思想を高く評価しており、彼のルールに縛られないファイティングスタイルも、そうした自由な思想に多大の影響を受けていると思われる。そうした考えからリー自身は、自らの格闘術に截拳道という名称を与え、カテゴライズすることには少なからず抵抗を感じていたようである。

ブルース・リーの截拳道創始までの年表[編集]

詠春拳と様々な中国武術の習得[編集]

  • 1947年 - 父親の手ほどきで太極拳を学ぶが、長続きしなかった[2]
  • 1953年 - 功夫を習っている相手に喧嘩で負けたことが原因で、詠春拳の使い手である葉問の道場に入門。詠春拳を葉問のもとで3年間修業するが、不良少年であったリーは問題を起こし破門となってしまう。その後は葉問の兄弟子のもとで個人的に2年間修業する。このことにより、詠春拳の一部の技術は学ぶことが出来なかった[1]
  • 1958年 - 高校ボクシング大会に出場し、3年連続チャンピオンのイギリス人を詠春拳の技術だけで1ラウンドKOする[1][2]
  • 1959年 - 精武体育会香港分会において4週間、中国北派拳術及び中国南派拳術の基本功、功力拳、節拳などの型を学ぶ。同年、実戦試合で詠春派のライバル・蔡李仏派の挑戦相手に大怪我を負わせ、警察沙汰となってしまったリーは渡米することになる。サンフランシスコに到着後暫くしてシアトルに移住。エジソン・テクニカル・スクールに入学し、クラスメートに詠春拳を指導する[1][2]

振藩功夫(ジュンファン・グンフー)創始[編集]

  • 1961年 - ワシントン大学に入学。大学では哲学を専攻し、自身の武術に哲学的要素を取り入れていく。同年(1962年という説もあり)、日本人空手家(黒帯)より挑戦を受け、Y.M.C.Aシアトルのジムにて実戦試合をし、わずか11秒でKOした[2]
  • 1962年 - ターキー木村の勧めで、道場である振藩國術館を開設。詠春拳を基本とし、他の武術や格闘技(武術と格闘技は狭義では違う)の技術も取り入れた振藩功夫を指導する[1][2]
  • 1964年 - シアトルの道場はターキー木村に任せ、移住先のオークランドに開設した第2の振藩國術館で振藩功夫を指導する。道場破りに来た中国人拳法家(白鶴拳)との闘いに約3分で勝利したが、相手を倒すのに長時間かかってしまったことを反省し、「実戦は6秒以内に終わらせる」という思想に基づき、振藩功夫を洗練させるべく、研究と実践に取り組む。截拳道を創始していく契機となった[1][2]
  • 1965年 - 截拳道(名称)の基本構想が出来上がる[2]

截拳道創始[編集]

  • 1966年 - テレビ番組『グリーン・ホーネット』に出演のため、オークランドの道場はジェームズ・リーに任せ、ロサンゼルスに移住する[1][2]。この頃、ダン・イノサントとの会話から「截拳道」という名称が誕生する(実際に名称を使用し始めたのは1967年頃)[1][2]
  • 1967年 - ロサンゼルスに第3の振藩國術館を開設する。オープンフィンガーグローブ、キックミット、キックシールド等の練習用具を考案・開発し、練習に取り入れていく[2]。また、テッド・ウォンを自身のスパーリングパートナーとして、截拳道を開発していく(この開発は晩年の1973年まで続いた)[1]。截拳道がアメリカの格闘技雑誌であるブラック・ベルト誌に紹介され、マスコミ初登場となる[2]。以後、振藩功夫から昇華した截拳道は、シンプル・ダイレクト・ノンクラシカルを主眼とし、ブルース・リーの名声とともに格闘家・武術家のみならず世界中の人々から注目を浴びる。
  • 1969年 - 道場での多人数への指導に限界を感じ、熱意が無くなり始めたリーは、ロサンゼルスの道場をダン・イノサントに任せ、少人数制のプライベート指導形式に移行していく。振藩功夫及び截拳道のランキングシステム(昇段システム)も廃止する[1]
  • 1970年 - シアトル・オークランド・ロサンゼルスの3ヶ所の振藩國術館を全て閉鎖する(理由は、生徒達が截拳道には何か特別な技法が有り、それを学びたいと幻想していた事による。)[1]
  • 1971年 - 映画出演及び制作のため、香港へ移住する。移住後はワークアウトパートナー無しの一人研鑽となる[1]
  • 1973年 - ブルース・リー急逝。截拳道はブルース・リー自身のスタイルとして90%程度完成していたとされる[1]

現在は本場アメリカでもコンセプト派やオリジナル派としての分類はありません。[編集]

関連人物[編集]

以下、時系列順に紹介する。

  • ターキー木村:ブルース・リーのシアトル時代の直弟子であり親友。日系アメリカ人。ブルース・リーに道場開設のきっかけを作った。振藩功夫のインストラクター免状を与えられ、シアトルの振藩國術館を任された。ブルース・リー他界後は振藩功夫の継承者として、少人数にのみブルース・リーからの教えを伝えている。
  • ジェームズ・リー:ブルース・リーのオークランド時代の直弟子。振藩功夫のインストラクター免状を与えられ、オークランドの振藩國術館を任された。振藩功夫の継承者。1972年他界。
  • ダン・イノサント:ブルース・リーのロサンゼルス時代の直弟子。1966年にブルース・リーがロサンゼルスに移住後僅か1年弱で振藩功夫及び截拳道のインストラクター免状を与えられ、ロサンゼルスの振藩國術館を任された。ブルース・リー他界後は振藩功夫及び截拳道(初期形態)の継承者として、イノサントアカデミー代表を務める。
  • リチャード・バステロ:ブルース・リーのロサンゼルス時代の直弟子。ブルース・リー他界後は振藩功夫の継承者として、IMBアカデミー代表を務める。
  • テッド・ウォン:ブルース・リーのロサンゼルス時代の直弟子。インストラクター免状は与えられていないが、1967~1973年まで(1970年後半はブルース・リーが怪我のため中断。1971年半ば以降はブルース・リーが香港へ移住のためアメリカに帰国した時のみ)個人レッスンを受け、スパーリングパートナーでもあったため、振藩功夫及び截拳道(最終形態)を継承している。そのため、ブルース・リー他界後は15年かけて技術を鍛錬した後に、その伝承に努めた。2010年他界。

出典[編集]

[脚注の使い方]

ブルース・リー財団公認の正統継承団体[編集]

  • ブルース・リー財団本部 ブルース・リーの娘であるシャノン・リーが代表を務め、ブルース・リーの遺産であるジークンドーに関する正しい情報を発信することに尽力している。

日本で截拳道および振藩功夫を学べる正統継承団体は以下の通り

ブルース・リー財団日本支部

IUMA日本振藩國術館